不労所得系のアイデア

Q.不労所得で月収30万円の資産を作るにはどうすればよいか?コスパがいい方法でご提案お願いします。

A.以下で回答致します。

1)不動産投資
例えば、1億円のマンション・アパートを立てる。20戸程度で、家賃6万。
これで月額120万です。当然ローンやそもそも自己資金がないとできないとは思います。

不動産投資自体はお金がある人、そもそも投資をやる人は余剰資金ですべきですが、
そうでないとオススメできません。

2)株を買う
配当が年間1%程度ある株式を購入します。
1株20万で、2000円なので、これを150株で、30万程度年間でしょうか。
であれば、12倍買えば月額30万になると思います。

3)自分でビジネスを行う
レバレッジが効くなどのビジネスをお望みということですが、
そもそもその手のアイデアは自分である程度絞り込んで闘える土俵を明確にしていないと、
全てのアドバイスは無駄となりますし、そこまで想定内です。

そもそもビジネスで、月額30万以上で、かつコスパが良い方法などありえないと思います。
そこで考えるなら、フランチャイズなど相当しっかりしたビジネスに突っ込んで、自己裁量で月商100万程度稼げるものをつくり、そこから展開するなどですが、これはビジネスをやった経験がなければ「まず一度やってみてからでないと現実的ではない」のではないでしょうか。

ちなみにビジネスアイデアは、不満や誰かが望んでいることを叶えることです。
その視点がもしないのであればそもそも1円も稼ぐことは難しいのではないでしょうか。
それをもってしてまずは1円以上を自分で稼ぐことをおすすめします。

4)リサイクルビジネス
FC系で、例えば服の買取などのビジネスがあります。
もちろん全てそうですが、FCの力とブランド、またはどこまでビジネスをできる体力があるか、またはどこまでしたいかによりけりです。これらは自分でやることになるので、少なくとも成功するとして数年例えば3年程度は軌道にのるまで働くこととなります。

ちなみに、不労が何を意味するかは定義はしませんが、
自分が働くことをしたくないのであれば、上の不動産や株などの資産で稼ぐことしかありません。
それかビジネスで人を雇ってやってもらうことでしょうか。

FC等はアントレなどの情報を探せば見つかります。
少なく見積もっても数百万はかかります。当然ロイヤリティを払うわけですが、
それを逆にいえば、そのような仕組みを作ればお望みのものとなるのではないでしょうか。

5)初期金額がないなら
REIT等の不動産投資もあります。
とくに初期投資でなくても不動産投資がしたいのであればそういう手法もあります。

6)本を書く
不労所得ではなさそうですが、ライセンス、印税という意味であれば、
100万部ヒット作を1500円で売れば、1200万程度は年間入るかなと思います。
それはさておき、そもそもヒット作品を作れるかは地味な作業しかありません。

レバレッジやコスパみたいなことにこだわるならば、
そういう作家を養成するとか、漫画家を養成する。ヒットしたらその一部をもらうなどです。
当然ここで金額を保証できるわけではありません。

またそういうものは多くはエージェント、またはプロダクションという運営形態になりそうです。

7)発明等の特許を取る
こちらも特許申請の期間もかかりますし、またそれが使える発明かはその発明内容次第です。レバレッジからいくと微妙です。ですがないわけではないでしょう。
アイデアがヒットすればそのお金だけで食べていけるわけですが、個人的には夢物語でしかないかなと思います。特許申請だけでも手間がかかりますし、そのコストもかかります。当然更新料もかかるはずです。

こちらも同様、そういう人を育成するという視点はレバレッジは効きそうです。

8)FX
レバレッジで思い出すのはリスクも数百倍になるFXです。
不労所得の代名詞のような気もしています。

ひねるならば、儲ける結果を出して人材を育てるような仕組みでしょうか。

9)儲かりそうなものをいち早くキャッチしそれを売る
例えばAriBnbなどが流行っていますがこれは今仕掛けては遅いわけです。
乗っかる人も多そうですが。これらをいち早くキャッチして仕掛けることです。
そのためには普段から情報を得る必要があります。ただこれも儲かる話などというアンテナでは全く役に立ちません。儲かる話である程度ロジカルにいえることは既に誰かがやったことですので、ご自身で考えたロジックと情報で組み立てる必要があります。

逆にその組立ができないのであれば、ある情報に乗っかるしかありません。
これは悪いことでもなく、そのようになってしまうという結果にすぎません。

では儲かりそうなものをどう見つけるかですが、
社会の動きに敏感になること、人の欲しいものを提案すること、
仮説と検証を繰り返しロジックをつくることです。

楽な方法はありません。

10)ノウハウを売る
レバレッジとはてこの原理です。
てこはわずかな力で多くを得るわけですが、
その場合そもそもの考え方として、同じ情報や考え方をアレンジすれば
少なくとも一石三鳥程度のことは可能です。

例えば思いついたアイデアをA,B,Cさんに売るだけでもいいでしょう。
ITシステムやソフトウェアなどはコピーが可能なのでそれに近いことが出来ます。
ですが人も馬鹿ではないのでそれらは分かった上でオリジナル性や価値をみてきます。

例えばゼンリンという会社は地図ソフトで圧倒的ですが、
これを真似できる人はいません。今やっても叶わないでしょう。

11)まとめ
世の中にはお金持ちが存在します。
お金持ち向けの投資もあるわけで、一般庶民でお金が欲しいのであれば、
それなりのサービスや価値を社会に提供するしかないでしょう。

どう考えても簡単に儲かる話はありえません。
そういう意味でレバレッジが効くビジネスとは、私の結論としては、
自身でスキルを磨き、社会の動きを考え、一手先に提案することを、
チャレンジして試すこと。

これしかないと思います。
もちろんご自身の考えたものは反社会的や法律違反でなければ
試せる環境が既にあるのではないかと思います。

ぜひご自身の力で見極めて見てください。
失礼致します。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。

ビジネスアイデアに悩むあなたに!

本ブログの1年間(2016年4月から2017年3月まで)で人気だったアイデア記事をギュッと10個にまとめました。A4で72ページ(約44000文字,読了目安は110分)。ぜひ新規企画や新規アイデアを考える際につまみながら読んでもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA