特殊な工具道具をアピールするための面白い動画アイデア13

スポンサーリンク

質問

Q.はじめまして。

特殊な工具販売のサイトを運営しています。特殊な工具とは、ネジの溝がつぶれて(なめて)、外れなくなったときに外すことのできるドライバーです。

今回ご依頼したいのは、この工具を使った動画を撮りたいと考えています。ただし、そのままの使用時の動画を撮ってもおもしろみがないので、何か変わったアイデアがないかと思いご相談しました。

お笑いやギャグでも構いません。狙いとしては、閲覧したユーザーが「この動画おもしろいから見てみなよ!」となる動画が理想です。要するに、話題性です。

回答

1.ネジ穴を上から見たスライドショー風

1000個なくてもいいですが、それくらいの色々なネジ穴を画像スライドショーだったり、並べて見せます。ネジ穴がつぶれていてもいいですし、いなくてもいいかもしれません。

ねじのデザインなどに興味があったり、デザインソースとして話題になるかもしれません。
Tumblr等ではGIFやFLASHなどのほうがさくさくと見やすいので、GIF動画などでネジ穴スライドショーを作ると面白そうです。

2.潰れたネジのおたく訪問

友人や知り合いの家におじゃまします。潰れたネジないですか?といって、そのネジを回して一件落着。それらの番組レポートです。話題性につなげるには、全国どこへでも訪問とか、買ってくれたらおじゃましますなどをたまに行うなどです。

3.工具なしVS工具あり

やや典型的ですが、工具なしの場合のつぶれたネジを取れるかというのと、工具ありで取ったものを競争して競い合います。イメージはカップラーメンとだしから取るラーメンの競争とか。

他にもこの手の競争を入れて幅を広げるのもいいと思います。洗濯機と手洗いとか、クーラーと氷+扇風機とか、電卓とExcelとか。

テレビでやっていたホコタテみたいに、どちらが強いかというのもいいかもしれません。工具なしで何でもできるプロVS工具プロとか。

4.足で回す

ゲームで足をつかってクリアするという実況動画あったと思います。
http://news.netpoyo.jp/2013/06/772
http://www.nicovideo.jp/tag/%E8%B6%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4

足で使うのは危険ですが、やってみたということでひとつのネタになるかと。

5.赤ちゃんでも出来る

赤ちゃんにまわしてもらいます。もちろん手です。無理なら3歳くらいの子にもやってもらいます。それくらいの子でもできるんだよということを見せます。

6.コメントのみだす

つぶれたネジを回した後の爽快感を体験してもらって「すごくすっきりした!」等のコメントのみを流します。色々な人がいるほうがいいですね。

工具自体を出さないことで、気になってしまうという狙いです。リンクを動画コメントなどにはっておくか商品名を具体的にだしておけば検索する人もいそうです。商品自体を引き算して出さないという視点です。

もっと極端にするなら、工具をつかって潰れたネジを取ったネジを、並べていって、灰色のネジとそれ以外を並べます。例えば灰色のネジで文字を書きます。いわゆる人文字のようなものです。最初はアップでねじをうつして、引いて最後に文字を出すなどです。

と思ったらネジ文字というのもありました。こういうのも面白いですね。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8D%E3%82%B8%E6%96%87%E5%AD%97&rlz=1C1TWJA_jaJP649JP649&espv=2&biw=1024&bih=643&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CBwQsARqFQoTCJj4jNXnlMcCFaQXpgodUSUEPQ

7.クレイアニメで魅せる

クレイアニメが大変ですが、要するに粘土動画です。
工具くんが主人公で優しい人に拾われて大活躍みたいな。
http://www.cecweb.co.jp/clayanime/claytop.html

小さい子にも楽しんでもらえるかもしれませんね。

8.「つぶれたネジ 回す」で出てきたアイデアを試す

例えば調べると、輪ゴムをつけて回せばいいなどのアイデアが出てきます。それを実際に試してみてどうかを検証します。工具を売りたいわけですが、こういった検証があれば工具がいかに楽かを説得力を持って、かかる時間とか安全性とか、色々と示せると思います。
http://grapee.jp/26328

それらを動画で取って、他サイトのも含め自分で検証するというところです。

9.4コマ風にする

1コマずつスライドで4コママンガとします。こぼちゃんなどの新聞マンガのようにオチをつけたりすると良さそうです。

例えば必ずネジが出てくるとか、必ず工具が出てくるが使わない使えないとか、シチュエーションを色々と作り出します。

個人的にはスヌーピーのようなセリフやコメントが哲学的で好きなので、ネジを擬人化したり工具を擬人化して(一時期擬人化が流行りました。国を擬人化したマンガはヘタリアですが、そういった擬人化は面白そうです。
http://hetalia.com/twt/story

10.ゆるキャラでも使える

単純に有名なゆるキャラに工具を持って回してもらうだけというのもありです。人気がこれから出そうでかつオファーが取れそうなゆるキャラを探すのが重要となりそうです。

11.つぶれたネジが出てくるマンガを紹介する

ちょっと思いつかないのですが、マンガとか本とかそういうものを探して、それらを紹介するだけでもちょっと違う切り口になります。

12.擬人ゲームにのっかる

俺タワーというゲームは工具や重機を擬人化しています。
http://www.dmm.com/netgame/feature/oletower.html

近いところで、マイナスドライバーの娘がいるのでこれらを応援するみたいなネタはどうでしょうか。

13.音を鳴らす

工具を金槌で叩いて音を鳴らすなどでリズムを作ります。
色々な金槌やネジを工夫します。良い動画がなかったのですが、なんでも叩いて音を出してリズムにして演奏すると、全く違う印象になるかなと思います。

14.まとめ

他にも例えば工具を分解してみる(iPhoneを分解するみたいなイメージで)とか、工具で野球をするとか、色々と発想は出てきそうです。アイデアの発想は組み合わせです。面白い動画ネタになれば幸いです。

面白いものが撮れたらぜひ教えてくださいね!

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。
スポンサーリンク