2017年は本を100冊読もう

シゴトクリエイターの大橋です。

今年の目標を考えていたら、そういえば読書数とかもいいかもしれないと考えました。そこで2016年はどうだったかなど簡単に振り返ってみたいと思います。

そんなところをメモとしつつ、今年の読書数目標も設定してみます。

スポンサーリンク

今までの読書数など

mediamarkerというサービスを使っているのでこちらで見えます。僕の読んだ本たち

がっつりレビューしたいとか、何度も読みたいものはそこからブログへ持ってくる感じでやっています。逆にいえばそこまで印象に残らなくてもまあ得るものは一個くらいはあるよねというスタンスで読んでます。

あと、読み方としてメモするのもいいのですけど、意外に人に紹介できるくらいの本、つまり何がいいかをざっといえる(内容の要約ではなく、印象に残ったポイントを言う。それがなんで印象に残ったかが大事。そうでないと伝えられないので)というのが大きな目安ですね。

2016年は69冊でした。金額は中古本とかもあるのでこんなに買ってないですが、89,000円ほどです。結構少ないかなという印象です。冊数も金額も。ちなみに登録数と購読数はイコールになります。なぜなら読んだ本を登録しているからですね(笑)

2015年は、33冊。2014年は3冊(どうした?)。2013年は28冊。2012年は49冊。2011年は12冊。ここまでで記録が終わってるのでおそらく空白の何年間があってそういえば読書記録つけないと読んだ気がしないよねーというところだったのかなと思います(笑)

今年は100冊を読む

ざっくりですが100冊位は読もうと思います。月あたり8冊ちょっとくらいです。実際にkindle本を入れてしまえば簡単ですが、kindle本は個人本もあるしすぐ読めてしまうのもあるのでノーカウントルールとします。基本紙本のみで。よって、インプットベースでいえば100冊以上のインプット設定となります。

僕の場合アイデア出しが仕事なのでこういった情報インプット自体が経費でありお金をケチるところではありません。年間本で10万も使えないですと言われたら終わりですが、10万の投資で確実なリターン(つまり仕事に生きるから)になるので良い投資だなと思っています。

おわりに

掲げた目標を必達するの気持ちも大事ですが、まあ100冊とかいっておかないと100冊も読めないものですから。そういえば、本で思い出したのは本を無性に読みたい時と、全く読みたくない時がありますが、今まさにめちゃくちゃ読みたいところですね。

kindleも面白いですし、紙の本も面白い。Web記事も面白い。いやあ読むのって本当面白いですね。

今年の目標で読書数設定してない方はぜひ設定して、年末の楽しみにしましょう(笑)

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。
スポンサーリンク