今までのやり方を意図的に変える

シゴトクリエイターの大橋です。

自己啓発コラムです(笑)

今までのやり方を変えるということで、今までのやり方はなんだったのか、そしてこれからのやり方は何か。少なくとも2つの視点、アイデアが必要です。

それらを簡単に整理していきたいと思います。

今までのやり方だけでは成長できない

例えば学校の勉強は多くは正しい勉強の仕方を知らないから出来ないということがよくあります。では、正しい勉強の仕方って誰から習うのか。先生が教えてくれたことをうまいところ吸収できればいいわけですがそういうことでもないですよね。

社会人でも同様でみんな同じように仕事ができるかというとそんなこともないですよね。ちなみにこれらの見方はみんな違ってみんないいです(笑)

他人はおいておいて自分です。自分のやり方として、あるAというやり方でやってきたけど、どうもこれは筋が悪いかもしれない。少なくとも成長が出来ない気がするという予感、センス、予兆があるとします。

そういう時あなたはどうしますか?そのまま放置する?知らないふり?考えない?

僕は真っ向から考えます(笑)そういう不安または気になる問いって消えないんですね。もちろんやるべきことがあればそちらをやりますけど、後回しにすると後がきつくなりますからね。

成長って何?

これも大事です。あくまで僕の成長とは、マンネリ化してないとか、前よりは出来るようになったとか、人により喜ばれるとか、「ひねりがないよね」と自分で思わないとか、そういう一連のことをまとめたものだと思います。

数値化出来るものもあります。サイトの成長とはPVとか反響かもしれませんが、一方でなんかいい感じになってきたという情緒も大事ですよね。

ストレスがたまらないとか、楽しいというのも大事です。お金が悪いわけではないですが、お金だけでストレスが尋常じゃないならやっぱ辞めたいですよね(笑)

成長をしないなら人生辞めてしまってもいい。そういうことを人にいう気はなくて自分にはそう思います。もっと激しくいえば、人と同じだったら死んでしまえ(笑)です。

この手の人生アドバイスは他人でなく自分にだけ言う方が安定した人生運用が出来る印象です。人に言ったりするから話がおかしくなるわけです。

まさにこれこそが、みんな違ってみんないいってわけです。もし自分と同じようにやらないと成功しないよねって人がいたら大体そっと目の前から逃げます(笑)

今までのやり方とは、実力試しのチャレンジャー

今までのやり方というのも整理できているわけではないんですが、なんとなくふわっとしていますが書いておきます。

まず今までのやり方としては、チャレンジであり、自分の実力試しでした。今もその気分はあります。そして別に自分が成功者とかそういうことを1mmも思ったことはありません。

しかし矛盾はしているように思う人もいるとは思いますが、ある程度の成績を得た、信頼や評価をもらったこと、そして自分を振り返って、自分って結構やるじゃん!という程度のことは相当思っています。むしろ自信がないならやってないわけです。

しかししかし!そんなこといっても、自信があっても普通に失敗したりしますし、失敗は常にあります。よって失敗しないやり方とかは筋が悪い。失敗を前提としてどこまでチャレンジできるか、という視点のほうが長期で回せます。短期視点の人はこの発想が苦手ですし、そもそもアンインストールしたか、インストールしてない印象です。

そういう実力試しの中で、感じられる何か、余韻、アドバイス、意見、アイデアを感じつつ、自分としては最大のトライをいつもやっています(笑)手を抜いていることはまずないです(たまにパラレルで仕事すると、どれが本業って言われるのですが、本業がパラレルですってことですね。)

これからのやり方は、アイデアを持って闘っていくスタイル

その中で、気付きとしては最強の気付きですが(笑)自分としてはですよ、ある程度アイデアを事業化した一定のサイクルを回して何かやる人ってそんなにいないよねという気付きです。

もちろん起業家、コンサルなど色々な人がいるわけですが、別にその人達と戦うわけでもなく、むしろ仲間です(笑)仲間にしてくれるかは分かりませんが。

そういう意味で、アイデアを生成したら、闘いの土俵になるべく早くだしてチャレンジして、事業にしていく。それが今のステージであり、闘いの場という印象です。

もちろん、簡単にさくっと出来ないかもしれませんし、出来るとも思っていませんが、めちゃくちゃむずい課題でもないです。今までの経験とアイデアを持てば突破できるはずだというあたりをもってトライしています。

再度いえば、今までは実力チャレンジだったのが、今は実力は分かってきたのでもっと実力を伸ばすよりも、今の実力で出来る成果物やアウトプットをどんどん出して、サイクルを回すことをしよう。例えば1アイデアを速攻事業にして売却するなどの論理であり流れであり、フレームワークを作っていって実際にやるってことでしょうか。

違う例えをすれば、今までは筋トレやトレーニングで、登山にいってなかったわけです。これからはプロの登山家でエベレストを目指すわけではない、しかし夏山で低めのところなら別に登山できるし、なんならチームも作れるよね、一緒に行くかって感じです。

もっといえば、アイデアで生成したアウトプットをデッキにおいてそこで戦う。まさにトレーディングカードのイメージです。今まではそのアウトプットに持っていくイメージの、ビギナーとしての練習だったというところで、バトルが出来なかったんですね。

当然これらはチャレンジャーという経験というかやってきたからこそ出来るわけです。これがないなら、足元はグラグラでとても不安でした。今も不安がゼロってことはないんですが、色々できる気しかしてません。

おわりに

揺るぎない情熱を持つって言葉は起業などではよく言われますが、そうはいってもそんな簡単に人生を賭けるみたいなこと出来ませんよねって思うタイプです(笑)今もそう思います。

しかし、揺るぎない情熱でなくてもできるよねーみたいな証明をやってみた感覚で試すのもありです。ですが、それだから揺るぎない情熱は要らないという結論は違うなと思います。

これもくどいですが、人と違うなら人と違うスタイルを生み出せばいいし、人と似ているとか盗めるやり方があるならどんどん盗めばいいと思うんですね。その辺りをうまーく自分をハックしていくことが大事だなと思いました。

 

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!