ビール売り子さんのピットイン(補給)動画を観察して、観察の仕方を考える

今回は観察の話です。行動観察とか専門家ではないのですが、とはいえ人より見ているという根拠のない自信があります(笑)根拠のない自信は、最近の考察からすると「絶対出来る」みたいものの塊がぽっと口から出る状態なのかなと思ったりします。

それはさておき、売り子さんネタですが、そこからあなたも見て観察結果とどう思ったかご一緒出来れば幸いです。観察って楽しい!色々とアイデア出ることが伝われば幸いです。

スポンサーリンク

観察することって面白い

基本的に僕は観察からアイデアを出しています。もちろんこれはインプットの組み合わせですよーということと矛盾してないです。インプットの仕方は、目で何かを見た情報や刺激によるわけです。ただ何を見るか、見たかは同じ方向を見ていても得られる情報が異なるのが実際です。

だから街を観察するって言われても全く「入ってこない」人もいると思います。例えばセクシーな格好の女性を見たり(男性諸君もそうでしょうか)、可愛い女性を追っかけているナンパ師は、どこにどういう人が多いかを言い当てることが出来るでしょう。職業柄かもしれませんが、まさに「女性」を見ているんですね。

ビラ配りの人は、取ってくれそうな人を見ています。当たり前ですが、これを自分が意識することや何を見たいかに設定するだけです。僕は漠然と何か面白そうなこと、ネタはないか、異変やいつもと違うことはないか。という感じで見ています。いつも行かない場所であれば発見が多いです。いつも同じ場所にいると思うならそれでも変化がないだろうか?を考えて絞り出す方が観察が面白いですね。

まあ、そんな感じでやってみたら、では面白くないので、実際にネタを使ってみてきましょう。今回はそんな実践的な記事です(笑)本ブログにしてはかなり頑張っている方でしょうか。

ビールの売り子さんの観察動画

ビール売り子がピットイン、まるでF1! 神宮球場の舞台裏動画が話題という記事を見て面白いなと思いました。

少し前にどういう売り子さんが売れるのかを少し考えた記事があるのでそれらも見てもらえるといいかもしれません。あと売り子さんネタの本としては、新幹線ガール本を2冊買って読みましたが、やっぱ観察力が半端ないというか、そこから提案や行動まで持っていける人はすごいですね。

野球観戦で見かける売り子さんを観察して接客の心得を考えてみる

ちなみに僕が買った本はこの2冊です。どちらも同じ新幹線の話で内容はやや被ります。ただそういう売上を作る売り子さんでも個性はあるというか、違いはあります。

斎藤さんの本から読んだのですが、斎藤さんは真摯に売り子を追及する感じです。茂木さんはどちらかというと多分本自体もかぶるので、テクニックとして接客術みたいなところもかなり割合が占めます。好みによるのでなんともですが、茂木さんの方は失敗談もあるけれど、わりと若いうちから開花しているのと、そもそも人が好きという部分でテクニック的な部分を説明しても「ベースのスキルが高い」感じも受けました。斎藤さんが低いということではなく。

このあたりは読み比べてもいいかもしれません。

さて本題へ行ってみましょう。

 

こちらがネタ元になります。動画は40秒です。スマホとかで無音で見てもいいですが、音情報もあると臨場感が伝わってきて現場感が分かりますね。

僕も何回か見ていますが、観察というところで何度か回数にわけて見ていきましょう。40秒だから何回も見られるはず。

1回目

はい、どうでしたか?

ツイッターでは本文にありますが、ビールの売り子のお姉さんが(男性もいるはずですが少ない)樽の補給に戻ってくるわけです。補充の一部始終を説明する動画となっています。

二人のお姉さんがいますが、僕は左の最初にいるお姉さんが「水」らしきものをカップに入れて飲んでいる。おそらく暑いから給水なんでしょうが、それを同時にしているところに目が行きました。

また、ピットインする右のお姉さんはカップホルダーの補充などを同時にしていますね。これらもピットインのように効率的ですね。F1ならタイヤ交換や燃料やその他もろもろを一瞬でやるわけですが清々しささえ感じます(笑)

基本的に樽の補給は、売り子さんが背中に背負っている樽をテーブルの上に置く。それを男性スタッフがカバーを取り、その樽にビールを補充するように見えます。交換?とは樽ごと交換しているか分かりませんでした。

また補給役の男性スタッフでなく、前にもスタッフがいてカップホルダーを手渡しているので、そういうスタッフもいるんですよね。実際に売上という現場に出ている売り子さんはまさに戦いの場から帰ってくるのと、時間勝負ということが伝わってきますね。

  • 出て来る人物:男性スタッフ補給役二人、売り子のお姉さん二人、カップホルダーを補給する遊撃部隊の男性スタッフ一人か二人
  • 出てこない人物:撮影者さん
  • 補給のオペレーション:基本的に売り子さんは樽をテーブルの上に置いて30秒ほど休む感じで待つ。その間にカップを補充したり、給水したりして完了まで待つ。その間に男性スタッフは樽を交換か、または補充する。冷静に考えれば30秒でビールが移る量ではないから樽交換をしているんでしょうね(笑)
  • その他情報:テーブル下にあるのはキリンのカレンダー。別にキリンビールオンリーではないはず。ただ樽や売り子さんの格好から銘柄を当てたり分かる人は多そう。ビール好きとかなら。

そんな感じで1回目でした。あなたはどんなところを見ていましたか?別にこれが正解とかはなくて、深く読んでいく体感をしてもらえればいいので、何度も見ていきましょう。

2回目

今回は男性スタッフの補充の手つきを凝視してみました。

  • やはり樽を交換している。
  • 使用済みの樽を外す?または新規樽をテーブル下から取ってくる
  • ビール給水ホースをつなげるやり方が見えませんが、何か異様に振っているのは給水の蛇口というかその仕組のために必要かもしれません。あの振る動作って毎回必要なのか分かりませんが改善出来ると面白いかもしれません。
  • 実際に動画自体40秒で、左のピットインは20秒くらいな感じもします。このペースがわりと多いと休まる暇もないですね。いやー裏方はこうなっているのかと関心します。

他に見えたものはありますか?何に注目しましたか?色々見えてくると面白いですね。

3回目

今回は見る前に人の動きに注目ということを意識してみます。そうすると人の動きという部分がわりと見えてくると思います。

  • テーブル左にあるカップをさらっと補充しているのか、ビニールを取っているところから始まっていますね。
  • テーブル右側では空の樽が出てしまったので、売り子さんが来たら男性はすぐにその空樽を下げていますね。邪魔ですしね。
  • 樽を交換するだけでなく、やはり給水ホースの振り作業が時間がかかる感じがしますね。
  • 左の売り子さんもカップを補充しているし、右の売り子さんも同じです。ただこれも冷静に考えれば「売れた分=空になる」から、設定された数十杯のコップがいるってことですよね(笑)
  • 右の売り子のお姉さんが笑顔でポーズしているのが動画っぽくて必死のピットインでも余裕すら感じますね。まあ撮影していて挨拶したという感じなのでしょうが

4回目

もうそろそろ辛くなってきましたか?まだ見えてないところがないか、まだ見てない部分がないか、同じところを見てないか、そういう意味で見てないところに注目してみましょう。僕も同じところしか見ていないかもしれません。

  • 男性スタッフは右手、または利き手にグローブをつけている
  • 売り子さんの基本制服は一緒でカラフルな黄色。靴下なども。ただ前にかけるタオルなどは別、帽子の色も別だった
  • 樽を担ぐカバンは構造がシンプルで、蓋をあける、閉めるしかない。これはピットインしやすいために作られた専門のカバンなのか、もちろん樽に耐えうる構造にもなっている。どこが作っているんだろうか?
  • ビールの銘柄は多分アサヒやエビスなど色々あるわけで、ここではキリンのテーブルで他にもあるはず。効率的にやるために、売り子さんは自分の背負っている銘柄のところへいくのかなと、多分。

こんなところでしょうか。何か見えましたか?

5回目

そろそろ飽きてきましたか?これでラストにしましょう。

  • 掛け声が飛び交っているが聞き取れない

くらいでした(笑)

観察の振り返り

さて5回ほど見て何が分かりましたか?

意識をして見ればそこが見えるし、深まるというところもあります。一方でより理解を深めたり、なぜそうなっているのかという疑問などもここから出てくるとより楽しそうです。

今回ボクであれば、

  • 樽を背負うカバンは専門のカバンなのだろうか?どこが作っているのだろうか?
  • 売り子さんなど接客する側しか意識できないが、裏では「補充を淡々と行う男たち」がいることに気づいた。当たり前ですが補充を売り子さんが自分でやるわけではないんですよね。
  • 最初は複雑そうだが、やるべきことを各人がやっている感じ。売り子さんは補充と給水。男性スタッフは空樽をよけて新樽を持ってくるのと、振ってホースをつなぐ作業。他のスタッフは売り子さんを見てカップ補充をするか給水カップを渡して飲んでもらう

というところです。

これはたまたま売り子さんの動画であって、実際に街を観察するとはこれが連続して自分の歩くスピードや止まった時など、移動手段によっても見え方が異なります。

ちなみに、カバンについては、ビアショルダーとかランドセル型ビアサーバーといったりするようです。友人の結婚式でついでもらったことがありますが、泡泡でしたね(笑)球場ではそういったことはないので、多分品質が違うんでしょうね。サーバー側のですが。

また、見ればみるほど細かい点や疑問や見えなかった部分も見えてきます。多分この40秒動画を5回見る人は稀でしょう。僕も記事にしないなら、1回で終わっていました。

では最後に、観察の仕方というか今回から考えられる見方についてまとめておわりたいと思います。

観察の仕方

  • 意識するポイントを絞ったり、予め言葉に発したりする。すると、その部分に集中出来るため情報が入ってくるし得られる(売り子さんの服装、人の数、人の動作など)。
  • 意識が弱いと目立つものしか見づらい、または自分とマッチングするものしか見えない。例えば男性読者なら右の売り子さんのほうが笑顔であり手を振ってくれるので印象に残る。左の売り子さんは印象に残りづらい。気付いてないかまたは給水をしていたというのもある。女性読者ならまた見る視点が異なるし、そもそも球場に行かない人などはこの動画だけでは最初何か分からないと思われる(だからツイートで説明があるというのも合理的)
  • 見た人の知識や経験や見方で全く違う情報を得られる。例えば売り子さんの服装に目が行く人はファッションや服装に興味があるかもしれないし、撮影者の撮り方が気になる人は撮影関係の仕事をしているかもしれない。またグローブメーカーに勤めている人なら男性スタッフのグローブがもしかしたら分かるかもしれないし、スタッフのポロシャツなどの納入業者さんならそれらの業者さんが分かるかもしれない。
  • 意識をし続ければいいというよりも、意識をしたものしか得られなかったりするので、ぼーとみていて何かが残るというやり方もあり。ただぼーとやると多くは残らない確率も高い、と思う。
  • 文脈として、この風景は日本だが、外国だとしたらまた違うイメージに見える。たまたま日本人らしき人が集っているし、言語も日本語っぽいという感じに見えるので。居酒屋の厨房もこんな感じかもしれないし、飲食業など接客の裏側が見える点というところが面白い。
  • 売り子さんは笑顔だが、裏方では鬼のような顔をしていることはほぼない(笑)だろうし、落ち込むとかクレームがあったりで凹むことはあるかもしれないが、裏方も楽しい現場ならきっと頑張れるのかもしれないなとか、働く側視点でも見ることができる

あんまりまとめになってないですが、今回から言えるのは、一部の映像や動画を見るところで得る情報があなたと僕で異なる、または共通点がある、または全然違うことを感じたり思ったりするのであれば、それはそれで面白いわけです。

もちろんある内容を伝えたいという時に全く印象がことなるのであればまた課題となりますが、今回はピットインの風景が伝わればいいので固定目線でオッケーでしょう。例えばスタッフごとの目線で見れば全然違う動画になりますし、ピットインの激しさをもっと表現出来るかもしれません。これは動画の撮り方のアイデアになりますよね。

こういうアイデアが観察から僕は生まれてきます。アイデアを生み出すというよりも、そういう情報を得て「こうなると面白いかも」「こうなるとより違うことになりそう」という妄想であり空想であり、楽しみ方であり、現実をもっと楽しむみたいな感じが近い感じがしますね。

ぜひ、観察をしようというよりも、見るということを観るというところに意識して変えてみると全然違う世界が見えると思います。

おわりに

今回は売り子さん動画をたまたま見つけたので観察というところについて書いてみました。少しでも観ることについて理解が深まったり、観る行動が少しでも増えれば嬉しいです。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。

ビジネスアイデアに悩むあなたに!

本ブログの1年間(2016年4月から2017年3月まで)で人気だったアイデア記事をギュッと10個にまとめました。A4で72ページ(約44000文字,読了目安は110分)。ぜひ新規企画や新規アイデアを考える際につまみながら読んでもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク