WordPressのインストール手順メモ

シゴトクリエイターの大橋です。

完全にメモですが、Wordpressをインストールすることがよくあるので、その度に「あれどうやるんだっけ」をしない意味でもメモしておきます。ここを見れば大丈夫(笑)少なくとも自分がというところで、Wordpressのインストールメモです。

スポンサーリンク

WordPressインストールメモ

  1. 現在のWebサーバのバックアップを取る(新規なら不要)
  2. WordPressファイルをダウンロード(SSHなどでホスト側を使えればサーバ上で出来るはず)
  3. wp-config.phpの編集。MySQLのデータベース名、ユーザ名、パスワード、ホスト名を入れる。なお、認証文字列も変えておくとプレビューとかでうまくいかないのが回避できるかも(あとでやるから)
  4. WordPressファイルのアップロード
  5. install.phpにアクセスして、インストール
  6. wordpressURLは変えずサイトURLを変えたい場合はわりとハマるので注意。index.phpのファイルにパスを書き加えるところが特に。ちゃんとパスとして正しくないと真っ白になるので(笑)WordPressのサイトアドレスURLを変更する方法などを参考に。難しいわけでないが、真っ白になっても冷静に対応。
  7. 子テーマでの運用をする。カスタマイザーは便利だが、どうも親テーマで設定+あとで子テーマでも反映されない感じ。テーマによって異なるとは思えないので、さっさと子テーマを作ってやること。style.cssは最低限でよく、functions.phpも親テーマの継承的なものでオッケー。
  8. SiteGuardプラグインとか対策を入れつつ、あとは適宜プラグインを入れていって運用していく。Googleアナリティクスやサーチコンソール、あと収益ならAdsenseをさくっと貼るのも忘れないこと。

おわりに

WordPress初心者であれば、サイトURLを変えたりとかはやらないほうがいいかもしれません。インストールに慣れてくるとこのあたりもすすーっと出来るはずですがまだまだ手間取ったりしますね(笑)

既存サイトをWordpressへ移行するには、このサイトURLまたは.htaccessとかで飛ばすなどでやると、がちゃがちゃ裏で作りつつも見た目は既存のままというやり方が出来るので便利ですね。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。
スポンサーリンク