通販動画のコンテンツアイデア

Q.
現在、ある商品のPR動画(通販番組のような販売動画)を企画中です。
商品はこちらとなります。
http://goo.gl/lIj7eQ

なにか面白い切り口でのアイデアをいただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

A.以下で回答致します。

1)酵素キャラクターを使う
例えばもやしもんのような菌類を擬人化したものです。
http://www.kamosuzo.tv/main.html

2)タイムマシン風
みらい、とあるので未来から転じて、
タイムマシンやSF風のものを取り入れると面白いかもしれません。
わかりやすく言えば、ドラえもんのタイムマシン。
またはバック・トゥ・ザ・フューチャーのような設定。

ストーリーは「かこのこうそ」があったかのかとか、
「みらいのこうそ」は過去にはどうだったかなどを探る旅など。

雰囲気は織田信長や秀吉が生まれ変わった車のCMみたいなのですね。
確かビートたけしや木村拓哉が演じてたもので商品名忘れましたが。
今のauCMのようなパロディ系ではないですね。

3)みらいのこそう
いいまつがいという視点で、いい間違えてしまった話として展開します。
いいまつがいはほぼ日などで取り上げられたりして視点としては、
Googleが間違ったワードもサジェストしてくるものの逆と見たほうがいいかもしれません。
http://www.1101.com/iimatugai/

みらいのこそう、は未来残そう、となるので、
未来に残す、みらいのこうそとか、そんな展開でもいいかもしれません。

4)飲み続けた人がどうなるか検証
健康みたいな面しか見せづらいですが、
実際に飲んでどうなるかは強いですね。

実際には、酵素と別の食生活を取材して記録して見せるなどで
あるとリアリティが増して面白いかもしれません。
通販動画ではお客様の声が編集で入ってきますが、
それを延々と長くしてみるとかでしょうか。

5)化学式で見せる
萌え原子記号みたいな本を見たことがあります。
今は艦これもそうですが、何でも擬人化される時代ですね。
化学の原子記号、酵素番号とか何か酵素の組み合わせから
キャラクタ化するのもいいかもしれません。キャラクタという意味では1と似ていますが。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1189039.html

6)リバース風

例えば、商品化されているみらいの酵素を、
戻していって最初の野菜や原材料に戻していく見せ方です。
ちょっと高度かもしれませんが、当然逆再生ということになります。

7)進化

類人猿の進化のように、進化していくさまを見せます。
例えば、みらいの酵素1.0があって、2.0になって、3.0になって・・というイメージです。
ポイントは成長している、いきなり商品が生まれたわけではない、
ひたむきな努力があったというところです。

8)従来の酵素をだるま落としで比較
例えば従来の酵素には砂糖が使われているというところでは、
砂糖をだるまおとしのようにハンマーで取っ払ってしまう。
そしてうまれたみらいのこうそ、というような見せ方です。

9)スロット風
例えば、76円なら、076のようにスロット風に
値段が決定されるなどのアニメーションなどです。

10)徒競走、障害物リレー風
従来の商品またはライバル商品Aなどが
徒競走をします。擬人化しなくてもいいですが、走るということは
擬人化ですね。そしてどんどんライバルがハードルで躓いたり、
池に落ちたりする中、最後に勝つのはみらいのこうそ。
というような見せ方です。

11)まとめ
面白いかどうか分かりませんが、様々なストーリーが世の中にはあり、
それらを少し取り入れてアレンジするだけで全く新しい通販動画になりそうですね。

ご成功をお祈りしております!


0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク