ナリワイやシゴトづくりネタ募集しています

最近考えたのは、本ブログで色々ネタを紹介するのは全然良いんですよね。

一方で、そもそもですが、これから何かやろうって人だったり、これから駆け出しでやろうみたいな人もかなりいるのではないかと。そういう人達にとって、ある種壁打ちとか相談とかは僕の仕事でやっているわけです。

それらは個別の話であって、対話であって、外に出ることはまずないです。ちらっとそこで得た知見みたいなものは活用出来るんですけどね。ではそこで何が行われているか?これは公開できないので、そういう流れではないと。

つまり、そもそも公開前提でインタビューであったり、アピールではないけれど、こういうことを考えているとか、そういう記事アウトプットすれば、話す人も、僕も、ブログにとっても良いのでは?と考えました。

そこで、こんなシゴトづくりやっているよとか、これからだけどこんなことを考えているよという人、ネタを募集してみます。

どんな応募を期待するか

大きく分けると2つあります。あくまで僕の期待なので、多少ずれても全く構いません。

1.自身ナリワイの紹介

例えば、ナリワイとして、こんな取り組みをしている。仕事としてお金になる部分もあればそうでない部分もある。面白いかどうかはこちらで判断するけど、一回話して見ませんか?

的なノリです。

多少のユニークさを期待しますが、アイデアが溢れているものでなくても全然構いません。

例えば全国市区町村の写真を撮った方を一度紹介しましたがそういう方は面白いですよね。実践されていなくても、アイデアとしてあるでも構いません。

ただその場合、アイデアがあっても実践度があまりないと、記事化はできないので、「そういう人がいたな」という程度に留まることは留意してください。

2.面白いネタ、シゴトづくりのネタ紹介

こちらは人という単位でなく、こんな話題があったとか、こんなものあったけどもっと調べてみたらみたいな、ネタ投稿ですね。がっちりしたビジネスでなくても、スモールビジネスやNPO寄りでも良くて、そういうものは、僕だけで網羅できないからです。

頂いたネタを必ず紹介するとは限りませんが、紹介時は頂いた方のペンネームやTwitterアカウントなど紹介して良いなら掲載させてください。

ここでのネタとは、シゴクリにあったら面白そうな話題、アイデア、ユニークな取り組み、ビジネスというところですね。

シゴクリのポテンシャルを上げる

本ブログは僕が色々とアウトプットして成立しています。それだけでなく、外部から人を入れてみたいなのを一瞬考えたこともあるんですが、謝礼が出せる収益構造もないので、それは今のところないです。

ただ、読者と一緒に作るみたいなのは、全然やりたくて、ただどうやっていくと、継続しつつ、お互い良い関係になっていくか。そこでお金を出すと逆にギクシャクするので、なしでやれる範囲で、それこそ「アイデアが好き」とか「面白いことをやっていきたい」とか、「自分のシゴトづくりを少しでもやる」とかって、偏愛ではないですが、熱中したり、そういうところに感度がある人、僕と同じテンションでなくていいので「なんか世の中にいい感じに貢献したいぞー」くらいの人って、僕もそうなんですが(笑)もっといるんじゃないかと。

であれば、そういう人を取り上げたほうが良いですし、悪いことがないんですよね。人でなくても、ネタも取り上げたら結局良いわけで。

それこそ、人なら人が何か認知されるし、取り組みが分かって僕も学びになります。当然ブログコンテンツとして蓄積されるのでそちらも嬉しいと。悪いことがないんですよね。

というわけで、もっとこのブログの可能性ってあるんじゃないか。ただ思いついたコンテンツアイデアなだけなんですが、応募がなくてもゆるゆる考えいこうかなという感じです。

なんかいい感じのネタが少ない

いい感じのネタって、まあ落ちてないですよね(笑)

それって自分が考えなきゃいけない、観察して体験して得るものですから。そこは楽できないです。とはいえ苦労するというよりも、楽しんでって感じがします。ここのギャップは常に感じます。やり方もありそうですが、そもそもマインドセットや土台がずれていれば違うと。

いい感じのネタとは、妙な副業や商材って怪しいネタでなくて、一言で言えば地味だけどそりゃちゃんとやらざるを得ないよねとか、人柄がでていたり、その人の人生や価値観が出ていたり、その人の取り組みの試行錯誤が出ていたり。

そういうのってあまりないと思うんですよね。僕が調べたり見聞きが甘いだけかもですが、まああまりないなと。

あるとしたら、インタビュー記事とかでかつ全然知らない人とか。掘り下げて知るとかですよね。それくらいしか本当にないので。それってもっと増やしてもいいし、あっても良いよねと常に思っていました。

例えば、ぱっと出てくるのは、日本政策金融公庫の調査月報の個人起業家のコラムというか連載ですよね。こういうものがもっとあっていいのかなと。ただガッツリやるとインタビューって企画→実施→執筆とかって地味に大変で、そこら変ですかね。そこをライトにすればそこまでではないかなと。

実際にインタビューでなくても、動画コンテンツとか音声コンテンツとかでもありなんですけど、やっぱ動画は僕は不慣れで、音声もまあワンクッションあって手間だなと。実際に編集してある程度こちらで揉むことで良くなると僕は考えているので、それなら言語と文字というところでやるほうがいいよねというところです。

参照可能性が高いとか、引用したりもしやすいですし。あとインタビューって安っぽいやつでなくて、単に質疑応答集みたいなのでなくて、深掘りになるとやっぱ限定されたり、経験もいるかなと思っているところです。その知見を活かせるので良いかなと。

なければ作ろう

というわけで、自身のシゴトやナリワイ的な取り組みであったり、面白い人やネタがあるという自分ではないけどネタがあるよーということがあれば、しれっと問い合わせから連絡もらえれば嬉しいです(笑)

とくに反応がなくても、こういうシゴトづくりネタやナリワイネタは、地味に紹介し続けていくのはあるので、ゆるっとお待ちください。

記事を書いた人

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
ビジネスアイデアメディア「シゴクリ」運営者。まずアイデアを出すアイデアセッターであり、生まれてくるアイデアをビジネス化出来ないかを考え続け、手を動かすゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談やビジネス企画の実績多数あり。毎日生まれるアイデアから世のために貢献していくスタイルです。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。