2018年6月1日から7月31日まで。mineo紹介キャンペーンでAmazonギフト券1,000円をゲットしよう

mineoの紹介キャンペーンです。

この紹介キャンペンって実はずっとやっていて、多分景品表示法とか、期間決める場合、数ヶ月が適切なのかもしれません。詳しいことは分かりませんが、普通に考えると「1年間」とか期間すればいいのかなと思ったので。

多分賞品を変えたり、サイトディレクションもあるだろうし、そういう意味で旬の野菜のごとく変えたほうがいいのかなとも思いました。

今回の紹介キャンペーンは、2018年6月1日から7月31日までとなっています。それ以降でもおそらく有効です。このmineoネタの記事も結構回数重ねてきてだんだん洗練されてきている気がします(笑)

格安SIMどこにしようかと考えている人に、mineoおすすめするだけの記事です(笑)

スポンサーリンク

さぁmineoをはじめよう!

mineoを新規契約する場合に、こちらの紹介URLから登録すると、Amazonギフト券が1,000円分もらえるというものです。僕にも入ります。お互い嬉しい素敵なキャンペーンとなっております。

mineo紹介キャンペーンサイトへ

Android端末やフリーSIMiPhoneを持っていたり、キャリアの縛りがないという時、こういった格安SIMサービスを検討している方がいれば一つの選択肢にしてみてください。

最近のmineoはどんな感じ?

それだけだとアレなので、最近のmineoの動きを見ていきましょう。

エココースのトライアル実施

最近ですが、エココースというのがトライアル実施をするようです。7月から8月の2ヶ月間。これは、混雑する時は、朝、昼、夜の時間帯が決まっていてその混雑時間帯に速度制限をするコースです。

速度を仮に200kbpsと低速にするけど、50円から450円までプランによって変わりますが割り引くということです。

詳細なプレスリリースはこちらから。「mineo」エココースのトライアル実施について

そこまで割り引かれるわけではないですが、この混雑問題ってなかなか解消されないものですね。トライアル実施なのであまり手応えが微妙なら本導入はなさそうかなと。

個人的には使う予定はないですね。

この逆が、プレミアムコースですね。優先的に通信帯域が確保されるものがあるようです。

これらのサービスは過剰と思う人もいるかもしれませんが、細かいところまで考えられていると見ると、当然その他のサービスも良いし、利用者目線で考えているという見方もできますよね。

契約回線100万突破していた

4月10日なので2ヶ月前ですが、100万回線を突破したようです。

気になったので、回線シェアも簡単に調べてみました。

「格安SIM」が1130万契約、楽天がシェア1位に – 総務省がデータ公開では、1130万回線あって、楽天、IIJ、OCN、mineo、BIGLOBEということで、4位となっています。並み居る競合の中で健闘しているなあと感じます。

店舗も結構増えてる

基本店舗は僕は使わなくてオッケーですが、欲しい方もいますよね。一度mineo渋谷でパケット割引でコーヒーを飲んで遊んだ(コーヒータンクのこと)ことがありますが、まあなかなか行くことはなさそうです(笑)

mineoショップは、渋谷、秋葉原、名古屋、浜松で東日本エリアに4つ。大阪、なんば、神戸の3つが関西エリアにあります。

マイネ王は関西ノリでガンガン攻める

ほとんど使っていませんが、サポートページとかヘルプページよりも、コミュニティで困ったことが相談出来るのは面白いかもしれません。

気づいたら、マイネオうさぎLINEスタンプとかを作っていたり(やや微妙ですねw)、大喜利大会をやったり、と思いきや真面目に大阪北部震災支援としてフリータンクのパケットを開放したりなどです。

単純にSIM各社の使い勝手とかそこまでこだわらないならありだなと。

おわりに

個人的には自分が関わるサービスは成長したり、継続してより良くなったりして欲しいと思っています。mineoは関西のノリなのか、謎なオフ会があったりと、結構飛び越えてくるイメージです(笑)

面白く使う、面白いサービスがいい。もちろん通信サービス自体は真面目に技術者さんがサーバやら通信設備をメンテしているから色々でいるわけですし、回線の間借りということ自体はライバルと変わらないわけです。

そういう成熟した中で、面白いかどうか。あってもいいし、僕は面白そうなので使っているというわけですね。

mineo良かったらチェックしてみてください。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。

スポンサーリンク