観察ノック31本目:警備ロボ登場!刮目せよ!

観察事象

警備ロボが実証実験としてお目見えということで、情報を得てやっと遭遇できました(笑)

警備だからちょっといかつい目ですが、健気に警備しているさまにほっこりです。

ロボはPATORO君と思われます。

実証実験詳細は、NTT Comと三井不動産、名古屋市のHisaya-odori Parkにおいて ロボットを活用した無人パトロール・フードデリバリーの実証実験を開始をどうぞ。

見て感じたこと

ゆっくり動いて常に声を出す

見てといっても観察です。変態(笑)のようにぐるっとつきまとってみました。すいません(笑)

まず、左に曲がる、右に曲がるとかは、少しでも回転するなら声を出してくれます。

声がAIか分からないですが、いわゆるイケボということも確認されました。

前に人がいると「道を譲ってください」というボイスも。

適度に挨拶する

人と判断するか分からないですが、「こんにちは」と、夜だったと思いますが挨拶していました。このあたり、適度に放っているだけかもしれませんが、面白いですよね。

意外に早い

スピードは歩いて全然追いかけられましたが、その間に情報を得ている、カメラで360度回しているなら、なかなかだなあと思いました。

道にぶつからない

人にもですが、障害物など割りと平坦かつ邪魔なものがないルートを選んでいるようでした。そこは実証実験だからかなと思いつつ、ぶつからずに動いている様は良かったです。

不審者とかの時はどうする?

サイトを見ると、追いかけたりとか、遠隔で見られるみたいな感じがしますが、どう不審者判断するかは謎というところです。おそらく遠隔で有人で見ていてって感じなのかもですね。このあたりの警備感はどこまであるかですが、これがただ来たらビビりますよね。ライトは結構明るいかと。

切り口

  • 警備人でなく警備ロボがあることで、なにか生活や体感は変わるだろうか?例えば、実証実験中人がすれ違うと写真を撮ったり、子どもなら追いかけたり、大人でもこんにちはーといっているのはとてもほっこり。そのようにロボだと「警備」の人ではない対応が生まれるのではないだろうか?その違いは何だろうか?
  • コストは有人より当然安いものの、初期費用はなかなかのもの。どういう施設に置かれるかというと、商業施設や平坦な場所などだろうか。他に適した場所はないだろうか?
  • ロボでコミュニケーションまである程度出来ると、本来の人間の仕事、例えば警備する人もロボをパートナーにしていく仕事となる。そういうコミュニケーションがどうなるか、とても面白そう。

記事を書いた人

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
ビジネスアイデアメディア「シゴクリ」運営者。まずアイデアを出すアイデアセッターであり、生まれてくるアイデアをビジネス化出来ないかを考え続け、手を動かすゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談やビジネス企画の実績多数あり。毎日生まれるアイデアから世のために貢献していくスタイルです。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。