チープカシオ MQ-24の電池交換をしてみた

チープカシオと呼ばれている1,000円の時計ですが、持ちも良く試験などの時計で使っていました。当然、電池が切れれば時計の針は動きません。

電池交換をすれば、やや手間がかかるとはいえ、無事使えました。こういうのが面倒な人は新しいものを買えばいいですが、電池交換くらいなら出来るよ(お店でやれば500円か1000円かは取られるでしょう)という人はぜひやってみてはどうでしょうか。

先達の参考記事

まず先達に感謝しつつ、以下の2サイトなどを主に参考にさせてもらいました。ありがとうございます!

チープカシオ腕時計MQ-24の電池交換は超簡単!しかも費用は108円!

シンプルなCASIO腕時計MQ-24は電池交換もシンプル。

実際に交換してみた

実際にやってみてどうかというところで、メモを入れつつ書いてみます。

1.時計を裏返す

MQ-24とは品番的なものでしょう。時計を裏返し作業の準備をします。分かりやすいように下に白紙を敷いてみました。

2.マイナスドライバーを用意する

ドライバーセットなどがあると便利です。ここではマイナスドライバーしか使っていません。緑色の持ち手のものです。

こちらのマイナスドライバーです。サイズ感は5mm程度でしょうか。時計に差し込んでテコの原理のようにやります。

3.カバーを外す

上視点と、横視点で撮ってみました。つまり、金属のような灰色の下にマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理で上げるという感じです。強い力は不要で、意外に簡単にいけます。

上下二箇所あるので、同様にやるとぱかっと外れます。

カバーを外すと中が見えます。電池も見えますね。

4.電池を外す

電池がどれかというと、丸い形のものです。ボタン電池と呼ばれていますね。これを外します。外し方は参考記事を見てもらえばいいのですが、ボタンを押さえている金属を横にずらせば外れます。これも力は不要です。上のマイナスドライバーでやればいいでしょう。

外した電池はSONY製でした。

5.電池を準備する

ボタン電池で同じ型番がないとかはおいておいて、同じものを使うことをおすすめします。動くかもしれませんが、それにより動作しなかった場合、無駄ですからね。上のはヨドバシカメラで買った、マクセル製のボタン電池です。

品名は「SR626SW」です。お間違いなく。

参考までにAmazonだとこんな感じです。

SONY 377 (1個) SR626SW 日本製 腕時計用無酸化銀ボタン電池 海外向けパッケージ

これは海外パッケージですのでなんか嫌だなという人がいるかもしれません。

僕が買ったのはヨドバシカメラですが、こちらになります。

マクセル Maxell SR626SW 1BT A [酸化銀電池 1.55V]

値段も224円とお手頃です。ヨドバシカメラおすすめですよ。心配な方は同じものをどうぞ。上の商品だと使用期限が07-2021とあり、2021年7月までとなります。この商品自体は2019年8月頃だったので、2年程度は持つと言えそうですね。

6.電池を入れる

金コーディングなので輝いてます。ちなみに電池の期限もあるので、

外したフタを元に戻します。

電池を戻したら見事復活しました!

留意点

ここからは留意点です。

電池自体は公式のものを純正で買うべし

例えばダイソー等でも見つかるかもしれないのですが(多分ない)、素直にネット通販か、家電量販店、ホームセンターあたりで買うのが早いです。SR626Wならあるというネタもありますが、WとSWで互換性はないようなので、やめたほうが賢明でしょう。

電池期限に気をつける

実際には店頭で買ったもので2年程度なので、2年で電池は交換することになります。2年はわりと長いですが、時計の頻度などから分かりませんが、逆に「自分で治す」ことで期限を意識できるかもしれません。ブログ書いておけば忘れないか、いつでも遡れるということもあります(笑)

1年でかえなくてもいいですが、2年で確実に切れるということで、2年毎にかえる手間は生まれるわけですね。

あと、使用期限は未使用だから問題ないのではなということが頭によぎるのですが、単にこれは期限と捉えて、使用未使用に関係ないというところでいいでしょう。つまり、上で言えば2021年7月まで未使用で、2021年6月にパッケージを開封して使っても、1ヶ月で使用期限が来るだけです。これは電池の仕組みが化学反応をし続けているのでという理解でいいでしょう。(参考:使用推奨期限と有効期限

つまりこの期限以降だと液漏れとか性能を保てないということですね。

created by Rinker
¥860 (2020/09/25 19:30:12時点 楽天市場調べ-詳細)

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。