ココナラのリクエストボード検索の仕方

ココナラには、リクエストボードという出品者でなく、利用者側がリクエストを出してそれに応えてくれる人を探す機能があります。

このリクエストボード自体は面白いのですが、検索機能があえてないのが不便です。

簡単にできないかと思ったら、Google検索でインデックス(Googleが認知したもの)されたものは検索できるっぽいのでそれを使ってみましょう。

スポンサーリンク

検索の仕方

現在のリクエストボードはカテゴリでしか検索が出来ません。今後も増えることはないと思っていますが、そればかりは分かりません。

やり方は、

  1. googleを開く
  2. 検索ボックスに「調べたいワード site:coconala.com/requests」を入れる
  3. 検索する

です。

知ってる方はなんてこともないですが、「site:」でドメインを指定するとそこに対して検索できるって機能ですね

実際にやってみましょう

ビジネスアイデアで調べる

例えば、リクエストボードで「ビジネスアイデア」に関するものがないかな調べる場合は、

ビジネスアイデア site:coconala.com/requests

と入れればよいわけです。

結果は、1,370件となり、これは実際の値とはずれることがあるので参考程度というか、こんなにないと思ってもいいでしょう。

またここで気づく方もいると思いますが、募集終了のものも多くあり、期限を絞りたくなります。

日時を絞り込むには、Google検索→「ツール」→「期間指定なし」を「1年以内」とか、指定したい期間にしましょう。

1年以内に期間を指定してみる

ただここでも課題があるのは「ビジネスアイデア」でのヒット率は低くて、絞ると精度は荒くなります。インデックスしないなどもあるんでしょうね。こればかりは仕方がないですね。

炭酸で調べる

炭酸でやるとなんと4件でした(笑)

このあたりも、キーワード次第ですね。

企画書で調べる

結果は730件。多分多いとは言えないですが、企画書にして欲しいニーズがどの程度あるか見てみても面白そうですね。

どう使うか

ビジネスアイデアとかでいえば、どんなアイデアのニーズがあるかな?くらいでは使えそうです。ただ、すでに古かったりするものも多いですので、参考程度となりそうです。

逆にココナラ出品をしたい人とかが、こんなニーズあるのかな?ということでリクエストボードを一個ずつ見なくてもある程度検討を付けられるので便利かもしれません。

何か役立てば嬉しい限りです。

0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク