スマートフォンの通信速度制限を解消するアイデア11

スポンサーリンク

ご質問

スマートフォンを利用するにおいて、多くの方が速度制限に悩んでいるかと思いますが、それを解消するためのアイディアいただけますでしょうか?

当方、WEBエンジニア・iOSエンジニアなので、ウェブサービスを用いて解消するためのアイディアだと助かります。

回答

1)ピークタイムを減らす

節電の考え方からです。節電は夏の特に日中等で負荷がかかります。そこで、時間停電などがあったわけですが。

通信量もおそらく通信量そのものが肥大化するのがNGではなく、無制限にすると誰もが想定以上に使いがちだからそうなるのかと考えました。

よって、メール通知等でピークタイムなどに負荷をかけない、例えば電力のように1度エアコンを上げるとか、30分ずらして使うようなケースを通信でもできないかというアイデアです。

具体的には、通信量を1割削減する、ピーク時は利用を30分ずらすなどです。この場合、どこがピークか、より使われやすいかをユーザにお届けする仕組みがサービスとなりそうです。

またそれらが効果がでるなら、携帯会社またはそれらの関連会社にも提案ができそうです。

2)Wifiが使える場所だけで使う

だけで限定すると駄目ですが、3G/LTE等を使わなくても、
Wifiでスマホが使えるなどを知らないユーザ、または疎い人もいます。

休眠口座ではないですが(これらは一定期間眠っていると銀行の利益になるそうですが)、そういった寝ているスマホや端末の通信量がもしかしたらあるかもしれません。それらを削減する意味で、Wifi環境でしか使えなくするなどを啓発したり、その実態をお知らせするサービスなどがあると面白そうです。

3)Wifiツール

ベタですが、2と同様、Wifiがあるエリアでしか使えない、またはそれらがある場所を通知。実際の通信量にあわせてそろそろWifiエリアでの使用をおすすめするなどのアプリを作ります。

4)2週間単位の管理

もちろん毎日通信量を携帯会社のサービスで見ればいいのですが、正直手間ですし、アプリでそれらが計測できるかどうかを私は知りません。

それがあればそれを使うわけですが、出来れば1ヶ月等での管理ではなく、一週間や二週間など短いスパンで使用量を把握してユーザーに使いすぎを注意します。

私はあまり使わない方ですが、たまに使いすぎの警告で制限されます。そもそもそれは使ってる量を普段から把握する感覚が鈍いというのがあるわけですが、通信量を管理したり、一定量でアラートを出せると便利になりそうです。

それにより速度制限を受けないような使い方になるというものです。

5)通信スピードの平均化

1と似ていますが、予め設定した回線速度、制限時より早く、普段の高速スピードではない、適したスピードがあるのではないかと思います。それらを平均化、統計化して取れば最適なスピードが出来るのではないかなと思います。最もこれは通信量の緩和にはならないかもしれません。

6)渋滞緩和モデル

たまに車の渋滞緩和のアイデアとして出てくるのが、一定速度で走るペースカーの存在です。結果的に渋滞が緩和されるわけですが、実際にはちょっと遅い車が走るということで車間距離で吸収されるというものです。

これと同様、実際はピークや混雑時は遅くなるが結果的に通信が早く使える、この実現化は分からないのですがそういうアイデアが使えるかもしれません。

最もこれは渋滞などが通信の世界で起きているという前提ですがそうなっているかどうかはちょっと分かりません。

7)カウントダウン

4と似ていますが、通信量や設定をしたらその通信量が残りいくつかが分かります。SNSや共有アプリなどと同様に、あとこれだけあるとかシェアしてゲーム感覚で楽しんでやれると節約とは違う観点で出来るかもしれませんね。

8)地域やエリアでの混み具合測定

パケット予報のようにイベントや何か特定のことで通信状況が悪い、または効率性が悪い状況を予報してくるものです。または、地域単位で混雑状況を知らせて空いている時に適切に使うユーザを増やすというアイデアです。

9)使ってないパケット販売

amazonのギフト券の売買サイトがあります。
https://amaoku.jp/

金券ショップのようなものだと思えばOKですが、こういったものはもちろんニーズがあってこそです。

技術的法律的には分かりませんが、パケットの余ったものを売買出来るなどがあれば少しは違うパケット管理になりそうです。

売るもお金でなくポイントが付くなどです。例えば携帯会社のユーザー毎のパケット量で余った人は誰かに売れる、ポイントがその分付く。欲しい人は普通よりも安く買えるなどです。

これにより携帯会社が考える上位のパケット通信コースを
選ばなくなる恐れもありますが、他にないサービスであるからこそ集客力がアップするかもしれません。

10)パケット節約ブラウザなど

そもそも通信量を減らすアプリやサービスがあれば改善されます。その技術を売るというのもありかもしれません。

こんなニュースがあったので実現が不可能ではないと考えています。

http://jp.techcrunch.com/2015/11/24/20151122opera-max-now-also-helps-you-save-data-while-you-stream-music/

イメージとしては、例えばキャッシュを使えば無駄なアクセスは減るなど素人目ではできそうですね。

11)ペースカー奨励

例えば、ペースカーの6の話ですが、そういう行為をするなどの人を褒める、何かポイント、評価がもらえるなどを
行います。そうすることで、適切に使う人を増やすというアイデアです。

12)まとめ

以上あまりエッジが効いたものはないかもしれませんが、一つでも参考になれば幸いです。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。

スポンサーリンク