kindle unlimited対象本を探すやり方

kindle unlimited対象本を探すメモです。

スポンサーリンク

kindle unlimited対象本のURL

kindleアプリなどで検索も出来ますが、スマホでちまちまやっても仕方がないというところです。とくに詳細確認とか面倒過ぎて特定本のみならいいですが、探すにはやはりPCからが便利です。

どこかでは「サインイン」してないと見えないとかもありましたが、それはなくて、サインインアウト状態からも以下のから分かります。ブックマークをしておいて検索するのが楽ですね。

Kindleストア : 読み放題対象タイトル

https://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_n_0?fst=as%3Aoff&rh=n%3A2250738051%2Cp_n_feature_nineteen_browse-bin%3A3169286051%2Cn%3A%212250739051%2Cn%3A2275256051&bbn=2250739051&ie=UTF8&qid=1515587304&rnid=2250739051

URLも貼ってみましたが、パラメタが色々とありセッションなのか色々変わるようですね。

以前は、18万冊とか詳細が表示されてたのですが、今見ると「100,000以上」からとなっていて冊数詳細が分からないですね。もちろん、カテゴリ毎で見ると分かるのでしょうがここではスルーです。

Amazonトップから辿る方法

もし上のURLでいけないなら、やり方としては以下です。

1)Amazonトップ

2)カテゴリーから「Kindle本&電子書籍リーダー」を「Kindleストア」の「Kindle本」をクリック

3)Kindle本(電子書籍)画面で、左サイドバーにある「カテゴリ」から「Kindle Unlimited 読み放題」を見つけ、「読み放題対象タイトル」にチェックを入れる。少し下にスクロールすると見つかります。これも見つけやすくはないですね(笑)

4)画面が切り替わり、先程説明していた画面が出て来るはずです。お疲れ様でした。

kindle unlimited対象本の検索の仕方

僕が間違えやすかったのは、Amazonページでヘッダー部(上)にある「テキストボックス」に入れて検索しまいがちなところです。UI的にはアウトなんじゃないかと思います。

図で説明します。

こんな形で、「キーワードを追加」のところに入れて下さい。

「プログラミング」と入れると、ku本は733件とありました。当然kindle本より大分少ないですね。

 

検索キーワードを変えるやり方

最後にもう一つ。

では、プログラミングと入れたあとに、「javascript」とかさらにキーワードを入れ替えたい場合どうするか?これもうっかり上に入れないでください。何度間違えることか(笑)

アプリだと検索し直すと「kindle本」になってうっかりkuが外れる現象がよくあります。

やり方は、「プログラミング」と入れたところに、マウスポインタをのせます。すると、ポインタが「手」ポインタに変わり、さらに「✕」マークが右側に出てきます。稀に出ないことがありますが、それは動きがおかしいです。

その状態でクリックすると、編集テキストボックスが出てくるのでそこでキーワードを入れます。

これも図で行きましょう。

1)マウスカーソルをキーワードのところにもっていく。

マウスポインタが変わります。

2)その状態で、クリックする。

すると、編集状態になります。

3)ここにキーワードを入れ直したりして、Goボタンか、エンターキーで検索出来ます。

それにしても、このGoボタンってかなり昔な感じがしますが、あまり不満はないんでしょうか。非常に気になります(笑)

ちなみにここで、AND検索が出来るかはよく分かりません。絞り込みが効いてるのかは不明ですね。

あと、このキーワード検索は、書籍名だけでないので、そのあたりで絞り込みが緩いのは仕方が無いですね。ku本だとタイトルの付け方が大分バラエティーに富むのでそこもしょうがないですね。

おわりに

このメモを作っていたらこんな本がありました。独特ですが、面白そうですね(笑)

良いku本との出合いがあるといいですね!

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。

クラウドソーシングでアイデア出しで結果を出すには?

クラウドソーシングで、アイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもありますよ。
スポンサーリンク