いつアイデアをひらめくか

アイキャッチ画像は、dechiさんに作っていただきました!まさに閃く瞬間です。コミカルな味のあるイラストがユニークですね。

なおこちらのイラストはじぶんコインを使って描いていただきました。dechiさんありがとうございました!

今回はひらめきエピソードでも書いてみます。

スポンサーリンク

いつアイデアをひらめくか?

アイデアをひらめきやすい場所で、よく言われるのは「移動中」「トイレ」「風呂」ですね。あと寝る時とかですかね。

僕が多いのはどこだろうかを考えてみると、

  • 新聞を読んでいるとき(これ面白そう!)
  • Webサイトを見ているとき(あれこのネタは使えそうだ)
  • 本を読んでいるとき(この状況なんかに似てる、これ面白そう!)
  • 人と話しているとき(え、それいいじゃん!)

などです。

トイレは確かに一人で色々ブツブツいうことがあるので結構思いつきます。風呂やシャワーはそこまでゆっくり浸かってないせいかそこまでというところです。たまにありますが。

移動中は歩いているときとか、電車など乗っているときにはありますね。その時メモするのが大変ですが、スマホに何かメモるがベターですね。

脳内で何か情報を得ようとしたり、何か記憶からひっぱりだしてきたり、脳に刺激を与えるか、または休むか、というときに出やすいみたいです。リラックスしたり、一人で静かに何かを読む、集中しているときに「はっ」と思いつくことが多い感じですね。

たまーに、寝る時にどんどんアイデアが出てきて書き付けても書き付けても出てくることがありますが、そこまで意識的に出来ないですね。寝れないくらいというのが肝です。大体は寝ちゃいます(笑)当然翌朝はその場合睡眠不足ですが、アイデアが出まくったので爽快な気分になれます(笑)

本当に勝手にアイデアが出るのか?

勝手にというのは、楽に、何もせずという意味ではないです(笑)

例えば健康な人がずーっと寝ていてアイデアが出るかというと、出ません。スマホでもいじって色々本を読むとかSNS見てたら違うとは思いますが。

インプットや考えたことを意識的に準備し、上のシチュエーションで無意識で組み合わせを作りやすくしているのではないかと言えそうです。

これについては、書籍「アイデアのつくり方」で解説されてるのでおすすめです。また記事で書きます。

ちなみに楽にとか、何もせずにという切り口は悪くないですが、それで寝ていてもとか、何もインプットせず、考えず、勉強せずであればさすがにそれほど甘くないですというところですね。

おわりに

アイデアをいつひらめくか。

逆に応用するならば、準備をそれ以外の場所で行って、出やすい場所に後は任せるなどが考えられます。例えば、インプットをたくさんして机の前で唸ってもでないので、散歩=移動中で気分転換すると出るなどは良いやり方かもしれません。

逆はできないかもしれません。寝る時にすごく考えて、机の前で出すみたいな。ただ寝る時に考えて、起きたら出るはありそうですが、これは睡眠時に含まれそうですね。

アイデアを出す時の何かヒントになれば幸いです。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。

アイデア出しを仕事にする方法をまとめました

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク