ku本を読む。ウェブ解析士の事例集本から目標の研究本まで

シゴトクリエイターの大橋です。

がしがし読んでます。完全に習慣化してますね。

スポンサーリンク

読んだ本

自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(19)

結構面白い。勉強会のネタで3者のプレゼンとその話があり。他のも見てみたいかもと思ったり。ウェブ解析士はおいておいて、ウェブの施策やなかなか聞けないことも話される感じもあるかなと。

1から出ているのと3者の事例で構成されているのと、kuでいけるのでわりとこれはせめて行けばコスパ良いような気がする。軽く連載で読んでいくのも良さそうですね。

 

起業1年生 会社にたよらず生きていくことになりました 2巻: 初めての集客編 起業したら

結構面白い。イラスト似顔絵の個人事業を始めた方が漫画として書いている。リアリティもあり起業をする人には参考になると思う。

 

起業1年生 会社にたよらず生きていくことになりました1: 強み発見編 起業したら

こちらは第一巻。順に読んでくのがいいと思います。

 

起業したらたった半年で行き詰った

順番が前後していますが、まずこの巻、1巻、2巻がいいかもですね。3巻も出ると書かれていましたが今のところでてない気がします。

 

「目標」の研究

倉下本。これは面白いですね。目標についてかなり突っ込んで書かれていてライフハックとかそういう感じではなく、哲学的、つまり考察が書かれている感じです。

目標ってまだないものを立ててそれをどうかって思うこと自体かなりメタ的だなと思えば、目標の理解が進んだことになると思います。途中の挿話も面白く、良書だなと思いました。

自分のやりたいことをどう設定するか。目標というのは立てればいいとか、何かそういうことでなくしっかりと向き合う必要性がある。そのことを感じられれば成功ではないかなと思います。

 

おわりに

今回はこんな感じですねー。Web解析士のシリーズは相当ボリュームがあるので適宜時間見て読めたらいいですね。目標の研究はかなりおすすめです。ボリュームはありますが、確かに目標って未来なのに立てるし、立てることできる保証はないし、ものすごく哲学的ですよね(笑)

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。

アイデア出しを仕事にする方法をまとめました

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク