スペイシーのプレスリリースからアイデアネタを探す

スペイシーという会議室シェアサービスが色々やっているなと思って調べてみました。

これらがアイデアのネタになるかもしれません。

スポンサーリンク

スペイシーとは

Spaceeは、会議室を検索できるサービスです。貸し会議室やレンタルスペースなど。一度使った覚えがあります。

会議室という用途で作ったものでなく、シェアリングサービスとして「会議室としてマンションを登録」すれば、マンションも活用できる感じです。

昔使ったのは1Rマンションでインタビュー取材だったのですが、マンションそのもので驚きましたね。

最近見かけたサービス

SPACEE NOW!というものを見かけて、最初はダジャレで冗談なのかなと思ったのですがそうでもないようです。あえて脳ドックと農業を重ねなくても良さそうですが、それぞれサービスとして行うと。

つまり、スペイシーとは、あらゆる場をシェアリングしていこうとしているのかもしれませんね。

スペイシーの取り組んだこと

それが気になったので、他にどういう取り組みをしているかプレスリリース一覧を見るとでてきます。

過去のものから見ていきましょう。

2015年

  • 就活生向けに無料スペース提供。スパシーバ!(既に終了の模様)
  • Googleカレンダー機能を追加
  • 飲食店の利用促進
  • 年末年始キャンペーン1時間50円会議室

2016年

  • Androidアプリリリース
  • 利用者数20万人突破
  • スペイシー駐車場(今あるかは不明)
  • 会議室空き時間買い取りサービス(サイトなし)
  • 塾・予備校版の買い取りサービス(サイトなし)
  • カラオケボックス買い取りサービス(サイトなし)

2017年

  • 会議室運営代行サービスのだれでも会議室開始
  • プレミアムフライデー向けキャンペーン
  • 法人プラン開始
  • 朝活1時間100円キャンペーン
  • 累計100万任突破。席単位のシェアサービス
  • 1時間50円から使い放題プラン

2018年

  • 顔認証AI搭載スペイシーパス
  • フーターズとのコラボ
  • 防音室サービスをヤマハと共同実験
  • 会員向けレンタルWifiサービス
  • スペイシーパスの飲食店向け提供
  • ランサーズスペースの運営サポート
  • リモートワーク向けスペイシーパス
  • シューマツワーカーとのコラボ
  • 自社フルリモートワークに
  • スペイシー脳ドック、スペイシーファーム
  • ワークスペイシー

という感じで怒涛の勢いですね。

面白いなあと思ったのは、当然かもしれませんが、うまくいったものはそのまま加速していって、そうでないものはそのままクローズというメリハリでしょうか。

全体の流れを見ただけですが、多分アイデアとしては、

  • キャンペーンとしては定番として割安で使える企画を行う
  • 会員向けにサービスを行う。Wifi然り、法人プラン然り。
  • 場をシェアリングということで色々な場をシェアリングすることでまず試す。駄目なら辞める。
  • 運営代行など実際に得たものを使っている。また顔認証AIなどシステムを作ることで外部に提供している

というところで、現在ワークスペイシーという無人運営が可能な受付アプリを出しているわけですね。

スペイシーのその他情報

おそらく法人会員の法人プランで安定した収益を得つつ、色々な提携、システム供与等で稼いでいると考えられます。

株式会社スペイシー(Wantedly)では、13万人以上の会員数でビジネスパーソンを中心。首都圏を中心に登録施設は4,800室以上となっています。

ビジネスモデルは、上の会議室マッチングであれば手数料25%が売上となる形のようです。会議室を簡単に貸し借りできるサイト「Spacee(スペイシー)」

創業者向けということで異なりますが、よじげんスペースは、事業者が空いている時間帯を貸し出すということがメインのビジネスです。

今後どうなっていくか面白そうですね。

アイデアをふくらませる

今回は気になった会社をざーっと調べていって、とくに取り組みが面白かったので、プレスリリースが面白かったですね。

アイデア出しということで、会議室×何かを考えていっても意外に詰まるかなと思います。ヒントは世の中の動き然り、どういうものが受け入れられているか、会議室を面白くしたり、便利にしたりなど様々な視点を入れていくことですね。

似たようなシェアリングサービスはいくつかあれど、会議室カテゴリはスペイシーが強いところでしょうか。

このように一社を見ていくだけでもアイデアのネタや発想が広がります。

逆に言えば、自社や自分のリソースを小さいと考えずに色々組み合わせたり、発展させれば色々なものが出来ると考える方がアイデアは湧きやすいと言えそうです。

アイデア発想バルブがうまく全開になるといいですね(笑)

おわりに

スペイシーNOWが衝撃的だったので思わずメモしていて、そこから調べてみました。

シェアリングサービスは伸びる市場と予測されています。今後どうなっていくかをウォッチするには、自分が好きなサービスとか気になるサービスを購入したり、使ったり、試したり、または観察して見ていくと面白そうですね。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。

アイデア出しを仕事にする方法をまとめました

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク