habiticaの任意のタスク完了で草生やせなかったので、iOSショートで草生やした

habiticaはタスク管理ソフトで、Webやアプリで使えます。画面がゲーム風ドット絵アイコンなのでそれっぽいのが好きでかつわりとタスク管理出来る人はワークするかと。今レベル82ですが、まあタスク管理って感じですよね。

このhabiticaでアイデア出しの管理というかタスクやら習慣というのがあって、それでクリックすると草生やせると面白いなと。草生やすはpixelaってことです。これができないかと探ったメモです。

何か特定の行動を記録したい時に、スマホでボタンを押すくらいならいいかなという人は使えるかも。あまりに頻度が多いとかスマホをそこまで使わない人は使えないですね(笑)

スポンサーリンク

結論

  • habitica側でWebhookがあるのでそれを使えば出来る
  • ただし、習慣、タスクなどの区別もなく、「習慣の+」「習慣の-」「タスクの完了」で送ってしまう
  • よって任意の習慣(アイデア出しをして+をする)時にだけ送るのは出来ない。特定のタスクというのも不可

つまり、Webhookがあるからカウントはできるけど、ここでやりたかった任意のタスクや習慣という分類はできないので無理と判断しました。

habiticaとWebhookで試したこと

とはいえ、検証したことは以下の通りです。もしも、なんでもいいからタスクを消化(完了)したら草生やすなら簡単に出来るかと思います。タスクをこなす数自体は興味がなかったので僕はスルーしました。

1.habiticaにはWebhookが用意されている

サードパーティとかグラフ化のもあったりする。知らなかった(笑)

https://habitica.fandom.com/wiki/Extensions,_Add-Ons,_and_Customizations

2.Webhookの設定をした

habiticaでのアイコン→設定→APIタグ

で、Webhook項目があるのでそこにpixelaのWebhookURLを入れれば良い。

3.特定(任意)のイベントで行えるか調べた

Habitica Webhook Editorというツールがあるので、これを使えば出来るかもと検証。

habiticaのWebhook管理もスムーズに出来るっぽい
Webhook TypeでtaskActivityの種類が5つであり限定される。

ただし、タスクアクティビティでの種類が、「scored」(記録された)時という単にしかなく、他には出来ない。これには、習慣での+-も、タスクの完了も含まれる。他の設定を見ても関係なさそう。

アイデア出しの習慣を何でもいいので押すと
Webhookが送信されてしまうので、
やりたいこととはずれるという結果に。

アイデアを出したら草生やすはiOSショートカットでやる

最終的にこれでカバーというかやることにしました。アイデア出したらiPhoneのショートカットボタンを押せばオッケーという流れです。

アイデア出しボタンを生成。
ボタンの背景色やアイコンや文字列は
わりとカスタマイズ出来る。

上のアイデア出しボタンを押すと、

こんな感じで草が生えます。紫系のあじさい色なので草でなく、あじさい生やすって感じですが(笑)

そもそも今回やりたかったのは、アイデア出しをしたら草生やすということだったので、出来るやり方でやってみる。iOSでショートカットでボタンを押すようにするのが最適と判断。

こちらのScrapbox記事を参照して、とくにiOSショートカットは参考になりました。ありがとうございます!

pixelaを使ってScrapboxに草を生やした

細かい検証

これでまあ出来たといえそうですね。

理想は、IoTボタン(MESHとか、なんでもいい)みたいなのを押して、アイデア出したら押すという行動をしたいんですが、ラズパイとかはちっとハードルとコストをかけてまでって感じなので見送りで。またやりたくなったら考えてみますか。

0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク