古いクリアファイルをシールを貼ってリサイクル意識を高めるアイデア!

今回はこちらのネタから。

古いクリアファイルを客先でも再利用しやすくするアイデアとは

アイデアが面白く、シールを貼るという。この切り口いいなあと思いました。素晴らしい!

クリアファイルでなくシールを売る

ゴールドラッシュでつるはしでなく、ジーンズを売る。ジーンズでなく線路を売るみたいな感じでなんかいいですよね。めちゃくちゃ好きです。

普通に考えると、再生素材とかリサイクルなクリアファイルを頑張って作ろうとしますよね。そうでなく、シールを貼って終わり。そのシールを売ると。いやあ素晴らしいですね。これは考えたことはなかったです!「その手があったか」系ですね。

【一般社団法人GOMITAIJI】クリアファイルの再利用を促進するプロジェクト「REクリアファイル」をスタート

1セットで56片(56枚ということかなと)で、1100円です。運営は、一般社団法人GOMITAIJIは、日本エムテクス株式会社の立ち上げたプロジェクトベースの法人ということになりそうですね。

オフィスGOMITAIJI「REクリアファイル」ステッカー

出来ることをやろう

こういうのって小さなアイデアかなと思うんですよ。シールを貼るだけ。シールを作って売るのもまあやると大変なんですけどね。

でも、クリアファイルを作るとなるともっと大変で。ロットがどうとか、なんか違う事を考えないといけなくて。

で、シールなら意外にいけるなと。協賛の仕組みもいいですね。面白いですね。

小さいことでいいのでやってみる。それが最初の一歩の始まりじゃないかとやはり痛感しますね。

全部やらなくてもいい

今回はクリアファイルでした。

リサイクルとかエコとかでなくてもいいですが、例えば全部自分でやるのってしんどくないですか?世界観も作れますけどね。

一方で誰かにやってもらう、誰かのものをうまく使ってみる。再利用って結構日本が上手いという気がします。そこを狙ってみるのもいいですよね。

なのでうまくありものを使ってみる。そういう視点でアイデアを出してみるといいかもしれません。

筆者プロフィール

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
「シゴクリ」運営者。アイデアの力でお客様に貢献するゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談実績等は200超を超える。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

違和感で発想のやり方が学べます

日常生活で感じる違和感を用いて、アイデアを出すやり方が学べます。「違和感発想法」は誰でも気軽に出来るサービスです。

LINE公式アカウント登録で無料で学べます。気になる方はチェックしてみて下さい。