日本国内企業の売上高50億円から500億円の企業数

読者からご質問を頂きましてそのアンサー記事となります。

結論的に、上場企業のみに限られますが、1772社、つまり約1770社となります。非上場企業はさすがに分からずです。

スポンサーリンク

調べ方

Ulletという企業価値検索サービスを使います。

  • 詳細検索画面に移動する
  • 売上高欄に下限に50、上限に500と入力する
  • 絞り込みボタンを押す
  • 結果件数が日本国内企業の上場企業における売上高50億円から500億円と考えられる

となります。

ぱっと見ると499億円までしかないように見えますが、ちゃんと調べてませんが、おそらく500億円と書かれた会社は500億飛んで1円以上だったのではないか(例えば、500億1000万円とか)と考えています。

他の売上高割合も同様に条件を変更すれば問題なさそうです。

売上高50億円から500億円の企業数

約1772社となりました。

上場企業は3,688社あることから、1,722社というのは、47%を占めていることが分かります。

妥当性検討

Ulletデータの正確性は分からないものの、例えばみんなの株式売上高ランキングなどと比較してみます。概ね正しいという印象です。正確にはランキング銘柄が合致しているということです。

ただみんかぶ側で決算データがなかったりするものもあって、そのあたりが最新エンジンを搭載しているのにどうかというのはあります。ただ、それは別問題として、大まかに把握するには十分だと考えました。

非上場企業などは民間データを当たるしかなさそう

では決算公開義務がないような非上場企業はどうかということですが、これらについては有価証券報告書の義務付け企業であれば有価証券報告書データから探すか、あとは官報掲載のデータとなりそうです。有価証券報告書があっても売上高からはEDINETを見る限り検索できないかと思われます。

有価証券報告書提出義務とは

関東財務局によれば、金融商品取引所に上場していたり、店頭登録していたりなどの有価証券を発行している事業者となります。

これらをそもそもデータとして収集出来るところは、帝国データバンクであるとかですね。ただこれらを売上高で検索して一気に得られるかは分からなかったです。

官報検索サービスもありますが、これは決算対応をしているとは言い難いので厳しそうです。つまり、記事全文検索や日付指定というものということです。

他に調べた限りでは、

くらいでしょうか。

未上場になればまとまったデータベースやデータは事業的にやっているプロでないとまずは所持してないといえるでしょう。そもそも取材やデータ獲得コストがかかるのと、今回のようにそれを知りたい人という需給バランスが悪い(知りたい人がほとんどいない、全くないわけではないが)からでしょう。

以上リサーチメモとなります。

0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク