アイデア発想支援サービスまとめ

アイデア出しは基本人力でやるとは思っていますが、何でも人がやればいいとも考えていません。発想で使えそうなものは使っていけばいいのでは?という考えです。

「アイデア出し、アイデア発想を支援するサービス」を調べてみました。

といってますが、あまり数がないのであれば逐次追加していきます。面白そうな情報があれば教えてください。

スポンサーリンク

対象としないもの

最初に対象としないものを列挙しておきます。

  • 発想法等アイデアの出し方など考え方自体
  • 発想カードなどアナログカードを使うもの
  • 付箋紙をデジタル表現するようなツール系
  • 本来の用途とは違う使い方

などは対象外です。

最後はなにかというと、アイデア的には面白いのですが、例えばTwitterでアイデア出しをやって成功しているとします。その場合に「Twitter」はここでは対象にならないということですね。もちろんこれは、Twitterでアイデア出しをするのが駄目とかそんな狭い話ではないです。

アイデア発想支援サービス

AIブレストパーク

AIブレストパークはAIを用いて発想支援サービスです。TISと博報堂が共同開発したサービスとなっています。

肝は、あくまでAIは「支援」であって、面白そうなワードやフレーズを探すのは「人間」です。そこから面白そうなワード等を取り上げてアイデア発想していくというものです。

試す限りではプロ向けの印象です。例えば、アイデアが全然湧かない人がこれを使った場合、「どうしていいか分からない」となるのではないかと考えました。

興味深いのは事前の企画職向けの調査結果です。自由記述であるアイデア出しを一人で行うことを苦手と感じる人はわりといるんですね。こちらのプレスリリースから参照できました。

一人でやらずにAIとやることで散らすことになれど、一人で検討すると結局一緒なので、やはりそういう場合は何人かでやりたいものなんでしょうね。

COMOLU

デモ版ということのようですが、VRを使った未来っぽい感じの支援ツールです。ちょっと使ってみたいですね。

とくにダイブする画像検索が面白そうだなと感じました。

トレンドバンク

トレンドバンクは新奇性(新規でなく)の高い、N=1のユーザーや消費行動をまとめて教えてくれるサービスです。そういう意味ではナレッジベースです。

当然使い方として、アイデアの刺激となる呼び水となるので使えると考えられます。

アイデアの量産の思考法から、オマケ的な資料も見たのですがそもそもこの本とトレンドバンクとは密接な関係で、そのものと言ってもいいかもしれません(本のように詳しくケアはない気がしますが)。そういう意味で雰囲気を掴むには書籍がおすすめなところです。

ブレストLive

ブレストしたいアイデアを投げかけて、一緒にアイデアを出してもらうというオンラインブレストサービスです。

クローズドなものや同様の仕掛けは他でも出来るとは思いますが、特にブレストに特化した公開型ということで紹介しました。

当然アイデアを募集してもそれに応じると言うためには何かしらつながりや拡散をしないと厳しいのが課題というところですね。あえて知らない人のお題に乗っかる人は・・・僕くらいしかいないかもしれません(笑)

調べてみて感じること

現状支援系サービスがこれほどまでないかとやや驚きました。アイデア出し初心者向けとして単にKJ法であるとか、行動観察法のようなものって機能するとは思います。

ただそれはすでに確立されているわけで、ここでは対象としていません。気が向いたらそれはそれでまとめてみます。

これほど少ないのはそもそも「アイデア出し」自体は、アイデアが出せる人は「とりとめもない」ことになって重要視されないか、「秘伝の書」ではないですが、あえて公開することもないというところでしょうか。仮にやり方を出しても「そのやり方は一定の練度が要る」のでなかなかマスターできないはずです。

そうすると、結果的にプロ向けか、初心者向けというところに二択になって、かつ古典的やアナログなもので定評があるものが残る感じですかね。そうなると、ここで残るものとして、「アイデアを普段出す」人はいるのだけど、それを「支援する仕組みやツールやサービスがある」と考えたり、そもそもそういうニーズが非常に薄いのかもしれないです。僕が気づけてない可能性も高いですが。

また面白そうなものがあれば追加してみたいと思います。

0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク