アイデアマッチングサービスishinがリニューアルしたので使ってみた

ishinというアイデアマッチングサービスがあります。以前紹介したのですが、最近リニューアルしたので改めて紹介してみたいと思います。

アイデアを提案したい、肩慣らしに何かしたいという人へはおすすめです。僕もやってますよ。

isihiがリニューアル

正式な発表はこちらのプレスリリースをどうぞ。

個人がアイデアを企業に販売 ビジネスアイデアのマッチングサービスをishinが大幅リニューアルでスタート

ishinは今までもアイデアマッチングサービスとしてあったのですが、大幅なリニューアルをしたということで早速見てみました。

主に変わったのは、アイデア投稿へのインセンティブは概ね変わらないのですが、コミュニケーションでインセンティブが発生したり、企業向けは定額制+従量制というモデルになったというところでしょうか。

あと面白いのはユーザー側の発信アイデアというものも投稿出来ます。つまり、企業のお題ありきでなく、ユーザー主体のアイデアが出せて閲覧してもらうこともできるわけですね。これはユニークな印象です。

現在お題は3つ

募集アイデアとしてはお題は現在執筆時点で3つありました。また応募数はそこまでないので、現時点でアイデアがあるなしに関わらずまずはお題を見て考えてみてはどうでしょうか。

なお、お題に対して以前は複数アイデアも投稿できたのですが、今は1アイデアとなっているようです。

閲覧されるとインセンティブ発生

アイデアが閲覧されるとメールが届き、同時にポイントが付与されます。実質お金ですね。

この仕組みが面白いと思っていて、閲覧されると分かるようになっています。そのアイデア自体への評価はコミュニケーションがあるかないかで判断するしかないですが、閲覧したことが分かるというのが面白いですよね。メールの開封通知みたいな感覚でしょうか。

この仕組みは今まで味わったことのないUXだったので、面白いなーと感じましたね。

アイデアが欲しい企業も使ってみては

今回はユーザー=アイデア出す側の目線でしたが、企業視点としてはユーザーにアイデアを求める事ができます。アンケートとかそういうツールではなく、事業課題や新規事業のアイデアとしてどちらかというと埋もれていたり、潜在的なものを拾うのにいいのではないかなと感じています。使い方は企業次第という感じですよね。

以上、簡単ですが、ishinがリニューアルしたので使ってみてはどうかというところでした。アイデア出しを鍛える意味でも貴重な場かもしれませんね。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。