感情の喜集(きしゅう)

毎日面白いことがある

歩いている人で妙な格好の人がいた 自分の格好はどうなんだと見直したり

鳥がたくさん集まっているので 何かイベントがあったかなとスケジュールアプリを開いたり

テントがたくさんあったけど 人はいない その余韻を感じたり

毎日がつまらないという人がいる

毎日は同じで 歩く道に変化はない 仕事も 勉強も同じだと

コンビニで買う商品も一緒で ご飯も一緒で 友達付き合いもなんとなくで

自分に関係あることなんて あまりないなんて思っていたり

ぼくは面白いことがあるとおもって 生きている

つまらない人の気持ちが全く分からないという 

そういう寄せ付けない 寄せ付けたくない

そんな感覚はほとんどない 少しくらいはあるかもしれない

なぜなら 人はみんな違っていて 自分も あなたと 違っているからだ

そこで よのなかの 社会の 感情を拾おうと思った

意識が高いみたいな 感じじゃなくて そんなふうに思ってなくて

単に 人の感情を 想いを 感覚を 何をうふふと笑い 何をあははと楽しんでいるか

そういう感情を集めていくと やはり面白いんだなと

感情ってやつは 別に計画的に 合理的に 理路整然とやってくるやつじゃない

とんぼが飛んでる 秋かもしれないなとか

月がきれいだ 満月だったかな

いつも見る鳥がいなくなった 季節が変わったな

大根が美味しくなくなった 夏かな

みたいな 日常の 日常中の日常みたいな そういう中にある断片が
やわらかく おそってくる という感じが近い


だから コントロールはできないし ある瞬間に突然やってくる

それが 感情だと おもう

おせっかいかもしれないし おせっかいでいいのだけど

感情がおそってきたら それを意識して なるべく そのまま 感情をだしてみよう

風が冷たいなあ 空気が澄んでるなあ 明日は晴れるといいなあ

そういう 小さな小さな つぶやきが 生きているって 感じじゃないかしらね

ライター

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
ビジネスアイデアメディア「シゴクリ」運営者。生まれてくるアイデアをビジネス化出来ないかを考え続け、アイデアの力でお客様に貢献するゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談やビジネス企画の実績多数。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。