kindle whitepaperにて使えそうな機能メモ

kindle whitepaperライフを送っていて使えそうな機能や使い方がいくつか出てきたのでそれらをメモしておきます。

メモをエクスポートしてメールに送信

kindleで読書中に「あ、この文章いいな」って思うことありますよね。本来なら紙とか別にメモするとかだったりしますし、紙の本なら付箋かもしれません。これは人によるとは思いますが。

それでKindleなら文中の文章をタップしてから、行単位なら右左で(縦書きなら)でタップを離せばメモが確定します。アンダーラインを引いたものが「Kindleメモ」として扱われます。

あとで参照するには、画面上をタップ→「︙」→「メモとハイライト」で参照できると。

自分のメモが表示されているはずで、「メモをエクスポート」とすると、確認ダイアログが出ます。Amazonアカウントに紐付けられたメールアドレスに送付されます。

送付されたメールには添付でCSVとPDFがあり、テキストが欲しいならCSVがいいでしょう。

PCキンドルであると、コピーは別に出来るのですがなぜか謎の「半角スペース」が全ての文章についてくるのでいちいち整形するのが面倒でした。毎回やらないといけないですからね。

これだけでもwhitepaper買った意義があるのではないかと思うくらい楽ですね。地味にメモをするのが面倒だなーとかあとで見返すのはやりづらいかなと思ったんですが、こうやって読み終わることで整理するとかなり使えるかもしれないと感じました。

ちなみに、自分のメモがないとエクスポートはできないです。人気の本だと他の人がハイライトしたものは文章に「点線」表示がされていると思いますが、「自分のメモ」「ポピュラー」というのがあり、「ポピュラー」だけになっています。これはエクスポートできないということです。

記事を書いた人

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
ビジネスアイデアメディア「シゴクリ」運営者。まずアイデアを出すアイデアセッターであり、生まれてくるアイデアをビジネス化出来ないかを考え続け、手を動かすゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談やビジネス企画の実績多数あり。毎日生まれるアイデアから世のために貢献していくスタイルです。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。