webサービスを宣伝できるサイトまとめ(2017年版)

シゴトクリエイターの大橋です。

「webサービス集めました」(2016/7リリース)というサービスをリリースしました。このサービスもそうですが、単純に宣伝が大変というよりも、プロダクトアウト的な発想だと結構辛いですね。要は誰に使ってもらえると嬉しいか、そして幸せか。そこらへんがないとお互いに不幸という感じがします。

とはいえ、サービスって作りたいから作るという精神も大事です。とはいえとはいえ・・・やはり知ってもらってなんぼなので、そのために宣伝出来るならどんどんしましょう。

個人で資金も資本も予算も、つまり金がない!中どう宣伝できるか。その時に見つけた使えそうなWebサービスを宣伝できるサイトなどをまとめてみました。

(本ブログで紹介して欲しい、Webサービスを宣伝できるサービスがあれば(稼働しているところ)教えて頂けると嬉しいです!記事に追加していきます!)

追加更新情報

2017/6/25:Seekupsを追加。

2017/3/9:2016年版を2017年として最新版に。あと表題や構成をもう少しWebサービスを宣伝したい人が使える向けに変更しました。

2016/9/3:他でブログまとめてもらっているブロガーさんなどのブログ記事項目を追加しました!タイトルも若干変えました。日付が古いと使い勝手悪いので。

 

スポンサーリンク

はじめに

WebサービスとかWebサイトとか厳密な使い分けはしていませんので、あしからずご了承ください。一応サイトをみて、使えそうかどうか、気になるのはPV等どれくらい見られるかがあるので、similarwebでさくっと調べています。月間のPVですね。あくまでご参考程度に。(2016年7月時点)

※similarweb自体については参考に過ぎないと思いつつも、以前は掲載していたのですが、PVが多いからどうとかという見方をされても良くないなと思いました。実際に私のサイトであればGoogleアナリティクスで1万PV前後ですが、現状similarwebをすると5万PVになってる感じでそこまで意味がないなと感じたためPV数値を省きました。もし見たい方は各自調べてもらえればということですね。

自分のために調べたのが始まりですが、必要は発明の母ですねー。他サイトでリンク紹介されてるけど情報が古くて使えないというケースがあったからですね。

宣伝できるサービス一覧

ServiceSafari

アーリーユーザーが見ている新サービス紹介サービス。アプリもあり。メールで問い合わせる形で掲載連絡を行うことで掲載頂けることが多いはず。手間と思わずやりましょう。

掲載当初はさすがに見られているサービスであって多くの人が経由して見てもらいました。掲載当初とは、公開開始から1週間程度または1ヶ月くらいです。8/21からのデータでは、なんとサービスサファリ経由のアクセスはありませんでした。要するにスタート時掲載では露出されやすいが、そのまま埋もれやすいということですね。もちろん何か話題になれば調べて引っかかるわけですが、その時に引っかかりがなければそこから掲載されたからアクセスが集められるわけではないという当然の結果となりいました。

ポイント

Webサービスを作って掲載依頼する。1週間~2週間のアクセスはある程度期待できる。ただその後1ヶ月からはアクセスは見込めないので、他サイトでもあるように、「サービスサファリで紹介されました」というような記事やツイートをする形でつないでくのが有効なアイデアとなりそうです。

ツクログ

TwitterやFacebookでの登録必須です。実際にWeb集めのサービスでは、こちらのサイトを見て登録されている方もいるので貴重な流入経路だと思います。ぜひ登録しましょう。登録した当初はアクセスもあまりなくて期待してなかったのですが(失礼!)、なんと約7ヶ月の間には約6%の流入がありました。6%は23程度で決して多いわけではないですが、サービスサファリのように埋もれそうで埋もれていなかったということになります。とはいえ、それも誤差程度かもしれません。

ポイント

ツクログは登録するとアクセスが集まるというよりも、これをキッカケにツイートしたりFacebookでシェアしたりをして広めるほうが良さそうです。

startapp

インタビュー風に記事掲載されるサービスです。インタビューをされるのでなく、あくまで投稿者が質問と回答を書いていく形です。ただ文章を書いたり、作ったサービスの熱がないと結構書く量が多くて諦める人も多いかなという印象です。僕は大丈夫というか長いくらいで見られないかもしれませんが、そこはご愛嬌で。

審査は一週間もかからないと思いますが、掲載時に連絡を頂きます。ちゃんと書くと載るのかな?という印象です。他サイトでは掲載依頼したがダメだったというのもあるようだったので。

こちらもおすすめです。他とは違って文章で紹介出来る(イメージのアイキャッチとかもアップロードできますよ)のがいいですね。

当時は流入は確認できなかったですが、約7ヶ月見てもとくに流入はありません。おそらく記事が掲載されたらそれをもっとシェアしないと駄目かなと思います。普通に見てサイトコンテンツから興味を持つか、startappのコンテンツが駄目というわけではないのですが、SEO的にキャッチ出来ているかというところでいくと弱いのかなという印象です(感覚的には記事はたくさんあってもその一つ一つが総合的に強味になりづらいのかもしれません)。

ポイント

startappは集めるのでなく、客観的にインタビューを受けるとか受けた場合どう答えるか。そういう視点を変えてコンテンツを紹介するトレーニングと割り切る形でいきましょう。もちろん流入があれば嬉しいくらいで。

つくった

Twitterアカウント型サービス。当時で、フォロワー1230だが、そのフォロワーが見ているかは怪しい。フォロー1000程度だと層にもよるがアクティブでない人が多い可能性も高い。サイトPV等は評価できなかったので、少なくともサービスを広めようとしているフォローした人たちには一瞬は見られる可能性がある。@リプライによってすぐ反映されるのは良い。

こちらはソーシャルのTwitter枠で来ているかもというところですが、どうでしょうか。自分のつぶやきなら仕込めそうですが、つくったーという別Twitterアカウントからの流入は分からない感じがします。

これはツイッター経由でソーシャル経由の流入となると思いますが、ちょっと計測がこちらでは分からずでした。現在はフォロワー数は1236で6フォロワーしか増えていません。よって、フォロワーに見られるかというのはあまりないのではないか。効果は薄いかもしれません。

ポイント

ツイッターをうまく使ったり、何でもいいから宣伝して欲しいという人は使う価値はあるかもしれません。このサービスもそうですが、運営側である程度運営面のフォローやカバーとして何かフォローがあると一番グッドでしょうがそこは手間がかかるので高望みとなりそうです。

Webサービス集めました

自分が作ったサービスです。自サイトなので自サイトに来た流入があったものについて補足しておきます。Googleアナリティクスでは、約7ヶ月でセッションが6400、PVは12,000程度です。つまり月間PVは1000セッション、2000PVもないくらいです。ただ徐々に上がってきている感じですね。

そこからいくとセッション386というのが1割にも満たないことが分かります。約6%ですね。この数字が意味がないと判断するかは読者次第ですが、それが嫌がられるくらい宣伝しても多くは宣伝にならないって感じもします。もちろん嫌がられるコンテンツならアウトなのですが。

その386のうち、約半分はこの自分のブログからでした。(とくに、この記事のまとめ記事自体から見てくれた人が圧倒的に多かったです。ありがとうございます)。そして約35%はキヨタツさんの紹介記事(Webサービスを作った後に登録しておきたい宣伝・広告用の無料ツール・サイトまとめ)でした。ありがたいことです。そして約6%がツクログでした。というわけで、約9割は自分、紹介記事、サービス宣伝で構成されたことになります。

ポイント

Webサービス集めましたというサービスもおそらくそこからの流入が定期的にあるとは言えないでしょう。アイデアシェアという自分の運営サービスも宣伝してあるのですが、それは1%程度の流入しか確認できていませんでした。ただ可能性としては、Webサービス集めましたは掘り起こすという意味で、投稿サービスの紹介もしているのでそちらでコンテンツとしてうまく紹介できれば何よりです。

WebFolio

法人、ベンチャー、スタートアップのサービスが多い印象。個人サービスが載る雰囲気がないもののダメ元でトライ中。全て掲載するわけではないと注記もありますが、主に法人運営サービスのみかもしれません。自分よりおそらく後掲載報告のものが更新されていたので未承認という判断です。個人の方は掲載確率が低いかも。

僕は掲載されませんでした。おそらく法人など運営元がしっかりしていてかつそこそここなれているサービスでないと駄目かなと思います。あとそもそも単に紹介でなくこのサイト自体ビジネスモデルなどわりと踏み込んで記事がかかれている=掲載されるので、その点が見えないと駄目かもなというのもあります。

ポイント

法人など企業で開発してそれらWebサービスを宣伝したい方向けだと思います。逆に企業のWebサービスであればまずは掲載依頼をしたほうがいいかなと思います。個人の方はわりとしっかり作ったらいけるかもです。

PROTOTYPES

個人法人問わずWebサービスなどを宣伝できるサイトです。過去投稿では2011年頃から紹介されており、現時点では100程度の投稿数が確認できます。Twitterアカウントが必要です。

ポイント

まだ発見してから使えてませんが、Twitterアカウントがある方は気軽に投稿して宣伝していくと良いのかなと思います。

Seekups

個人や企業が開発したWebサービスやスマホアプリを宣伝できます。なかの人は、SeekGeeksを作ってる方です。サービスとしては、機械学習をしてより上位表示(個別ユーザにあわせて)される予定のようです。

ポイント

現在ばばっと見る限り、掲載されているのはアプリやWebサービスだけでなく、chromeの拡張機能もあるようです。

 

ブロガーさんの記事紹介サービス

個人ブロガーでWebサービスを紹介してくれる方も存在します。運営者によって色々と方針があるので保証が確立されたわけではありませんが、これをきっかけに広がることもあると思うので、宣伝サービスよりも有効かもしれません。

どっかの誰かさんの独り言 あなたのアプリ・WEBサービスを紹介します!

無料で紹介してもらえるようですが、おそらく掲載例からいくとWebやアプリで使える実用系が多いかなという印象です。それらに近い方はまずはトライしてみては。

プログラマーは眠らない Webサービス・アプリを紹介します!宣伝に困ったらご利用ください

恥ずかしながら宣伝依頼したことも忘れていました(^_^;)こちらの「Webサービスを集めました」で自分が作ったWebサービスを宣伝するで、webサービス集めましたは紹介頂きました。ありがとうございます!WebサービスやiPhoneアプリであればいけるかもしれません。もちろん全部書くというわけではないのでこちらも試してみるといいのではないでしょうか。

 

サービスが稼働してないと思われるサイト

Google検索などで調べて、Webサービス宣伝したいという方が多くこの記事を見ていると思います。他にもGoogle検索されて見ていると思うのですが、2017年3月時点で確認しても使えなかった、または2016年7月時点からの変化も一部ありますが、それらをチェックしても徒労に終わるので参考にしてみてください。

Webサービスまとめてみた

登録フォームから送ってみましたが掲載はされてません。掲載確実とかではなさそうですが、トップに載っているサービスでゴーラスなど結構古いサービスが載っているのと、更新履歴が古いので更新されてないかもしれません。

以前もそうですが、2017年3月時点で投稿掲載数が増えてないので更新が2015年で止まっていると思われます。よって、サイト依頼をするだけ無駄かなと思います。

マテメソ

こちらも掲載保証とかではないのですが、送ってみたのですが音沙汰なしですね。それはいいとして、similarwebではアクセスが出てきませんでした。残念。結構他のサイトで紹介されていますが、情報が古いって感じでダメかもですね。

こちらは、2017年3月時点でなぜかfacebookにリダイレクトされます。その前にURLが別のところに飛ぶのでドメインが切れたか、何かしら使えない状態です。URLは、http://matemeso.net/でした。

Webサービス図鑑

本サイト自体は稼働しているかが不明。例えば最近終了したDmetIdeaなどがトップに出てきている。一応、掲載連絡したが手応えはなし。色々なところで紹介されているが、現時点では微妙。

新しいサービスが投稿されている、または掲載されている雰囲気はありません。Webサービスのリンク集、Webサービス図鑑を作ってみました。という記事が2011年ですのでいつまで運用されていたか、今もしているかは不明です。トップの会社ドメインではWebサービス図鑑は触れられてないので、いわゆる休眠サービスだと推測しています。掲載依頼したのですがとくに反応はなかったのでやっても効果はないと思います。

Lamp

地方在住という切り口が面白いですが、2013年が最近記事なのでさすがに動いてないと思います。

 

終了しているサービス

紹介はされているけど「あー終わってた」というサイトが結構あります。それらもご参考まで。

ghorus.com ゴーラス

ツイートファンディングみたいな名前が面白かったです。数回使いましたが、結局SNSから応援っていうものの価値が、Twitterで相当影響力があるとか何かフックがないと「応援者」が集まらないですね。逆にこのサービスは影響力がなくてももしかしたら!?というのがあったのですがそれはうまくいかなかったのかなという印象です。

個人 webサービス宣伝所

サイトに書かれていますが、一旦閉鎖とありますが、いつから閉鎖かは不明です。終わったとみていいでしょう。

おわりに

Google検索等で色々調べられるのが当たり前になったわけですが、反動としてディレクトリ型、またはAI等のレコメンドとか、何か編集するというところが価値が出てくる時代の流れをやはり感じますね。webサービスを宣伝するっていう考え方時代が旧時代(笑)的かもしれませんが、宣伝という概念や広告などはなくなりづらい概念でしょうね。

当然、どこかで宣伝するというだけではダメというか広がりづらいですね。このあたりまたWebサービスをどう広めていくかを蓄積してまたアウトプットしていきたいと思います。一つでもヒントになれば幸いです。

おまけ:他のブロガーさんのまとめ記事等

先達に学ぶということで皆さん色々webサービスの宣伝に試行錯誤されてきた轍があります。ぜひこれらを活かしていきましょう!参考にさせてもらいました。ありがとう!

Webサービスの宣伝ツールをいろいろ使ってみた

2014年11月の作成記事でそこまで古くないとは思いつつ、紹介されているclafuはアクセスできません。Startappが結構アクセス稼いでいるようです。ツクログの位置は同感ですね。sercusはUI綺麗なんですが、紹介サービスのPVがそこまで高くない数百なのでスルーしましたw

新しいWebサービスの宣伝・拡散は普通にやってちゃ駄目だこりゃ

2015年5月作成記事で1年前くらいですね。紹介されているどっかの誰かさんの独り言は個人ブログですが紹介をされているかは分かりませんが、ダメ元で送ってみました。naverまとめ記事に追加というアイデアが紹介されています。実際に効果があったようです。それで、NAVERまとめで「Webサービス 宣伝」と調べたところめぼしいものがなかったですね。NAVERまとめの更新時期はそこまで関係がないものの、Viewが少なかったり(数百)、古すぎるとまとめ作者にも連絡ができなさそうというところです。当記事のタイトルから学ぶのであれば、確かに普通にどっか登録して見てくれたらいいなあくらいだと弱いということがいえますね。

無料で出来るウェブサービスの宣伝方法 まとめ

1番目にプレスリリースを送ったサイト先がまとめられており参考になります。が、Web集めの場合は時流もくそもないのではなっから諦めています。プレスリリースって多分やらないとダメとは思わないのですが、やるくらい手間をかけてもいい(なれても手間な感じはしますが)かどうかで宣伝の力の入れようが分かりますね。

ウェブサービスの宣伝は、自分がウザいと思うほど行っても全く足りていない

タイトルがいいですね。その通りだと思います。まだウザさが足りない自覚があります(笑)あとは一回でなく継続していくのは、多分サービスを作って満足する人はできないと思います。結構パワー使いますからねえ。という意味ではサービスを作って満足というのでなく使って満足という視点があるからでどこまで出来るかになりそうですね。

Webサービスを作った後に登録しておきたい宣伝・広告用の無料ツール・サイトまとめ

Webディレクターのキヨタツさんのまとめ記事です。webサービス集めも紹介頂きました。ありがとうございます!最後にあるそもそも役に立つサービスを作るというのはその通りだと思います。あくまで告知をステップやきっかけとしていくといいですよね!

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。

ビジネスアイデアに悩むあなたに!

本ブログの1年間(2016年4月から2017年3月まで)で人気だったアイデア記事をギュッと10個にまとめました。A4で72ページ(約44000文字,読了目安は110分)。ぜひ新規企画や新規アイデアを考える際につまみながら読んでもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク