違和感が発想に使える根拠メモ

違和感発想というのは、僕が勝手に言ってるだけですが、とはいえ色々な人も「違和感」が使えるということをよく目にします。

ここでは、僕が暴走しているのでなく(笑)ほかの人も言っているんだという言及をソースとして示す意味で、説得力も増すはずなので、それをメモ的に載せていきます。

違和感が発想に使える根拠達

違和感発生は脳に根拠

違和感を覚えるのは、脳に根拠がある。その根拠の探究が、面白い発想や新たなアイデアにつながる可能性がある。そこに至るには、その分野にどっぷりと浸る必要があり、自己の内側の反応に興味を持つことが求められる。違和感の正体に気づくことができれば、それについて考え、言語化し、非言語的な絵や音楽などに表現することもできる。それが創造や新しい着想の起点につながる可能性があると考えると、違和感はクリエイティビティの宝箱かもしれない。

青砥瑞人. BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは (Kindle の位置No.3335-3339). 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン. Kindle 版.

作家の渡部昇一さんの「人間らしさ」の構造(講談社)からも引用されていて、非常に興味深いです。

真珠貝は貝殻の内側にはいった砂くずが痛いため、それを包む成分を出しているうちに真珠を作り、詩人は自分の心の痛みをもととして詩を作るという。貝にとっては、砂くずは異物である。それが貝にとっては違和感なのであろう。しかしそれがもととなって美しい真珠が貝殻の内側に形成されるのである。人の心もおなじだ。強烈な違和感が偉大なる人物を作るもとになるのである。

青砥瑞人. BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは (Kindle の位置No.3341-3344). 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン. Kindle 版.

簡単にいえば、脳の機能として違和感を感じるようになっているんですね。そして、真珠貝の話は異物を入れることで、というのはエモいなあと感じます。違うものに触れたりある種「歓迎しない」ものこそ、チャンスかもしれないですね。

起業家は違和感を直視した人

「起業家」とは社会に対する違和感を直視し、自分が理想とする社会のあり方をはっきり定義して、実際に行動を起こした人のことを指します。

山口高弘. いちばんやさしいビジネスモデルの教本 人気講師が教える利益を生み出す仕組みの作り方 「いちばんやさしい教本」シリーズ (Kindle の位置No.503-505). 株式会社インプレス. Kindle 版.

本書的には起業の話でもあるので、起業家となっていますが、やはり何かしら新しいチャレンジをする人の代表である「起業家」も、違和感をしっかり見て向き合っているともいえます。別に誰もが起業家になれとは思わないのですが、こういう精神やマインドセットはいるわけで、またアイデアを出すときのやはり大きなきっかけになるということが感じられます。

違和感は、いびつな力であり、思考を増幅させられる

違和感とは、通常にはない「いびつな力」のことです。それがあったときに、素通りせずにそこに目を留め、それがなんなのかを解き明かしていくことで、アイデアの強い芽が生まれるのです。夏になるとむしょうに聴きたくなる音楽がある。海の家のカップラーメンはやたらとうまい。そういうものは体内、あるいは記憶の中に、気持ちを強く揺り動かすなにかが存在しているということです。だとすると、それはなにかをひも解くことで発見が生まれ、それをもとに思考を増幅させることがアイデアとなっていきます。

樋口景一「発想の技術 アイデアを生むにはルールがある」、朝日新聞出版、P.82-83

本書は発想の仕方をかなり分かりやすく書いていてそのとおりだと感じています。違和感についても、「いびつな力」と著者なりの定義をしていて、それこそまさになかなか言葉では言えないが、たしかに力としてあるということでしょう。

ここでは、自分の記憶や体内にあるものがあるけどある違和感によって気付いてそこを掘り下げていくと、思考を増幅させることができるといっています。まさに違和感からアイデアが出るということが明記されていると。

これを見て僕は興奮しましたし(笑)何よりそうだなあ、首肯!首肯!と首を何度も縦に振ったものです。

違和感を起点に仕事を作るとアイデアに熱がこもる

こうしたワークショップをすると実感してもらえるのですが、多くの人は日頃「自分」起点で仕事をしていません。一方、「自分」の「偏愛」や「違和感」を起点に「仕事 work」をつくるとアイディアに熱量が生まれます。アート・シンキングは熱量にあふれています。

若宮和男「ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法」、実業之日本社、P.177

本書はアートシンキングの話というよりも、実際にはロジカル過ぎると結局似たようなものになるし、デザイン思考は悪くないけどいきなりそれが使えるわけではない。わかりやすかったのは、アート→デザイン→ロジカルみたいに使うフェーズが異なるというところです。アート的なものというと、自分の欲するとか表現的なことといっていいわけですが、上であれば「偏愛」など自分が好きでしょうがないもの、偏っているけど気になってしまうもの。そして違和感もあるわけですね。

著者からすれば、そういう偏愛や違和感を基に仕事をつくるというのは起業家だけでなく、仕事をする場合ですよね、アイデアに熱量が入るといっています。逆にいえばそういう偏愛や違和感がないとアイデアはかなり寂しいものになるわけですね。むしろ、熱量がないのでうまくアイデアを実行できないことが多いはずです。

また本論とはずれますが、自分起点で仕事をするだけでぐっと違った生き方、働き方になるわけですが、そういうのも違和感やアイデアといっていいわけですね。

違和感を見過ごさず、アイデアの種とする

 それよりも、自分を守りすぎる気持ちが創造性の妨げになることのほうが問題です。保身のため、直感よりも理論や常識、データを過剰に重視して、新たなチャレンジをするチャンスを失ったり、「これって何か変だな」と違和感を覚えても、なぜ違和感を覚えるのか、それがビジネスにどんな影響をもたらすのかを深く考えず、違和感自体をなかったことにしてしまったりすることはままあるでしょう。実はその違和感を持ったところに、新しい製品やサービスの種があるかもしれないのに、見逃してしまうというのはよくあることです。

前刀禎明「学び続ける知性 ワンダーラーニングでいこう 」、日経BP、P.196

違和感自体は覚えているのに、そのまま見過ごす。これについては違和感発想WSでも受講者から聞く話です。違和感って大事なんだろうけど、そのままにしていた。または通り過ぎていたというわけですね。

違和感自体が必ずヒントとはもちろん言わないですが、多くはヒントになるし、種になると。それが全く自分の手掛けるビジネスや仕事と違えば違うほどそれは強力なヒントになるはずです。なぜそれが気になった?考えてみるといいわけですね。

僕らは違和感に生きている

違和感自体は結局は備えついたセンサーであるといって良さそうです。アイデアマンである人はこのセンサーを違和感もですが、色々な刺激をうまく使ってアイデアを出していると感じます。

その気づきを「気付いてないふり」をすることで、色々と本能レベルや違和感センサーもということですが、失ってしまわないか。それこそが不安な気がしますし、生きている実感が減るのではないかという危惧につながります。

気づけば違和感だらけのはずですから、それを殺さず、向き合うことで、どんどんアイデアを出していきましょう。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。