kindle unlimited本を読む。コンテンツマーケティング本から起業家インタビュー本まで

シゴトクリエイターの大橋です。

飴の消費量がめちゃくちゃ多いじゃないですか?と同僚さんから言われたのですが、実はそうでもなく、基本携帯できるスティック飴でなく、袋で買います。たまに2袋くらい買うのでそんな印象があるだけでは?という話をしていました。

飴もそうですが、売れ筋は甘すぎるものより、定番系とおもしろ系で分かれたりしていて面白いですよね。買う時が結構楽しみだったりします。

今回はインプットの本は積読されまくっているのですが、kindle unlimited本を攻めていくぞということで継続してご紹介していきます。

読んだ本

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

これは面白かったです。iPhoneで読むと結構疲れましたがなんとか。半分くらいは制作前の戦略や考え方です。後半になって制作の実際に入ってきます。ブログマーケティングなんてことを今まさにこのブログでやってるのですが、非常に参考になることが多かったです。そううい意味でブログマーケティングやりたい人ももちろんですが、コンテンツマーケティングって何か勉強したい人におすすめです。

特徴は平易に書かれているけれど、実践者の息遣いと楽しくてやっているというか、その熱量があるというところですね。良書だと思いました。

 

夜明けのマーライオン

アイデアのマーライオンと自分が自称しているので、「マーライオン」ネタとして買ってみました。あらすじを見た時には何も思わなかったのですが、いわゆる百合本です。女性同士がーということですね。

それ自体とくに僕はなんともなのですが、ストーリー自体は悪くなく、結論は控えますが、結構普通に読めました。ちなみにマーライオンは、いわゆる吐くシーンで使われている(笑)ので、というかその程度の意味合いしかありませんでした(汗

 

一生、集客に困らない人の逆転集客術: 商品を売るのは、 売上のため? 世の中のため?実は、 ◯◯のためなのです!

結構面白かったです。ボリュームもそこまでないのでさらっと読めます。お客さんを集めようとするのではなく、お客を作る。ドラッカーが顧客を作るということを言っているはずですが、その感じですね。

ところで、著者は、電子書籍とpodcastをかなり推していますが、電子書籍自体はkindleもそうですが相当マイナーというかニッチな感じもしつつあります。読む人は読むくらいですかね。

相当モノ好き、僕も思うので(笑)そういう人向けかなあと。podcastもそうですね。ニッチが強いです。というわけで、ファン向けでニッチなという意味では面白いですが、市場が大きくなる印象はないので、ニッチ向けならぜひ検討を。そうでないならスルーでもいいかもしれないなあと思いました。

 

アイデアはパスポート: 世界で働くクリエイター

結構面白かったです。3人の著者が、それぞれ世界で働くことに対して、日本のアイデアが通用するか、それらが書かれています。9月初旬に買ったので2ヶ月以上読むのにかかってますが、読みやすい本ですし、世界とかグローバルとか、海外とか英語とか、そういうクリエイティブの話やクリエイターの話を知りたい人は買いかなと思います。

最後の方で、佐々木さんがプログラミングとか普通にやってた人?ということで驚きました。そういう人も全然クリエティブ方面にいくんですね。かなり意外だったのですが、親近感がかなりありましたね。

 

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本

結構面白かったです。スマホゲームを作っている方は面白いのかなというところでしょうか。あと、実際の施策や何をどうやったかなども書かれいていますので反応率とかも参考に出来るかもしれません。

 

未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~

起業家のインタビュー集。ケイシーさんという外国の方が書かれているのでまた毛色が違う感じと思いつつ、ザ・起業家のインタビューですね。面白いです。とくに、起業家によってマインドセットは明らめないとかは一緒ですが、それぞれのやっているビジネスや対応ややり方が異なるところが学びになりました。

おわりに

結構読みましたが、もっともっと読みたいですね。面白いですね!気になる本があればぜひ読んでみて下さい。

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!