Lancers実績100を達成!

シゴトクリエイターの大橋です。

Lancers of the year2016受賞前後に、実績数が90くらいだったと思いますが、先日一件当選をして、無事100になりました。これもみなさまのお陰です。ありがとうございます。

実績100という三桁の世界へ、ようこそ!

当然実績が100以上の3桁ユーザーはかなり数が減ります。4桁ユーザーがいるかもしれませんが、一緒に戦う相手ではありません。

「どれくらいアイデア出してるんですか?」と、まあ当選数の数倍はアイデアを考えるわけで、さらに企画となったりブラッシュアップしていくとなると相当数の時間をかけていることになります。一つの指標になりそうですね。100はやってますと。

大好きなのは1000

実際にアイデア千本ノックとかも自分でやりましたし、色々なものは1000くらい必要だと思っています。その前の序章としての100でしょうか。もっとも100で数年かかってるので、1000は厳しそうです(笑)

しかし、アイデア数なら軽く1000くらいは年間で出している気がします。まあハッタリもありますが、ここに出しているアイデアリストも多くは10くらいを基準に出しているので、それだけでも月間で5,6件としても、50-60個は出しています。

年間であれば、600個とか720個です。

他にもコンペ、コンサルでのアイデア、またセルフアイデアも地味に出しています。アイデアシェアだったり、友人とのディスカッションから、様々なアイデアも出します。

今度ざっくり数えて、年間1000くらいはアイデア考えているっていうと、少しはインパクト出そうです。やってみます(笑)

何かがいきなり変わるわけじゃない

100やれば何か約束されるわけではありません。むしろ初心にかえって、本当にこのやり方がいいのかかなり怪しいものです(笑)クラウドソーシングの実績は価値がないとかの突っ込みも可能です。ただ、どちらかというとそれをベースにどうしていくか、そして何を届けるか、未来のお客さんへのアプローチであったり、また新規の仕事だったりということじゃないかと思います。

こうすれば安心だ、はありません。ですが筋が良いやり方とかある程度の実績というのは自分への自信という意味ではよりパワフルに動けることになりそうです。

ですが、ちゃんと実績を作れば次があるのだ。そして次をまたもっと楽しめるとか、あたらしい出会いがあるとかそういうことがあるんだと思っています。それを少しでもたくさん証明するというか、形にして共有できればというのがシゴトクリエイターとしての思いですね。

おわりに

これで少しはクラウドソーシングやってますとはいえそうですね。もちろんそれを出していくかは自分次第ですし、違う営業スタイルややり方次第ですね。

これからもどうぞよろしくお願いします!

単純に月間レポートでアイデア数をカウントするってのも面白そうですね。次回はそれを取り入れてみましょう!

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!