目標を達成した後のじわじわくるやつが好き。

シゴトクリエイターの大橋です。

学生の頃に、自転車で日本縦断をしたのですが、目的地の宗谷岬は意外に開けていて、本当に道路からちょっと歩けばあるくらいの観光地でした。鹿児島の佐多岬はもっと険しかったので対照的すぎることに拍子抜けした覚えがあります。

その時、3,500kmの道のりも1日100kmくらい毎日こげば35日くらいで着くのだという見込みが有りました。実際は平均的にもっと早かったと思います。

今回はアイデア相談が100件間近なのでそのあたりを懐かしく思い出したのでじわじわきそうな気持ちを過去を振り返りつつ書いてみます。

ごゆるりとどうぞ。

目標を達成した直後は何も変化がない

自転車の場合、目的地である宗谷岬で感動だあああああみたいなのはほぼありませんでした。なぜなら1日同じように走って景色は変わるんですが、野宿場所を探す必要がありますし、ルーチン化しているとすぐに切り替えられないんですね。

要は明日起きたら今日みたいな感じで、今日の繰り返しなんですよね。

その後、野宿地として今もありますが、さるふつ温泉道の駅というところで宿泊して、ここキャンプ場所が確かフリーで使えてめちゃくちゃ嬉しかったです。温泉もついていて遅くまでやっていて旅の疲れを癒やすのに最適でした。もちろんたまたま見つけただけですよ。

確か温泉に使って、ホッとした時に、涙みたいなものが少しは出たんだと思います。ここに一つ面白い話があって、実は軽自動車かミニクーパーかまあ自動車に乗ったカップルに声をかけられました。

北海道かどこかで僕を見たみたいで、追いかける形で声をかけてもらいました。嬉しいことですね。

要は目的を達成した後にじわじわ感動が本当にじわじわーって来るんですよね。

アイデア相談100件間近を迎えて

現時点で完了が96件あり、既に3件受注しています。速いペースでしたね。おそらく3件も近いうちに終わるので、今月にほぼ確実に達成する見込みが出てきました。

100件の相談って数からすると、ものすごい数でもないんですけど、設定した当初はそんなに相談くるんかい、みたいなことを思っていたので、喜ばしいことだと思います。

これも今の時点で、「やったー」とか感動は起こりづらくて、達成時もそのまますーっと通りすぎていきそうです。ただ、当たり前ですが一件一件の相談に対して手抜くことなく、積み重ねていくと、まあ当たり前ですが100くらいは出来るってことが証明できました。

相談する人は様々。相談の手応えはあり

ちょっと早いですが振り返りとしては、本当に色々な相談がありました。年令や性別などもバラバラですし、相談内容も多彩です。

毎度いってますが、アイデア自体って価値がないなんて言うことは可能です。また本当にないと思っている人もいると思います。でも待ってください。僕はアイデアくらいしか出せないんだけど、そもそもそれでビジネスになり得るんですかね?というところが検証課題であり、どうなるかでした。

実際に100件でお金を取っているわけではありません。ですから、お金という利益は0円です。しかし、シゴトづくりを考える人はもう分かりますよね?そうです。0円の代わりに強力な実例相談集として、このブログで公開してきました。

いわば自分の全てというと大げさですが、手抜くことなく、がっつりアイデアを出しました。それらが溜まっているので、客観的にいっても質が悪いとは言いづらいわけです。良いというと怪しいですけど。

担保としては、多くの人に喜んで頂きました。実際の生の相談なのでリアリティがあります。またこちらの回答もサンプルではなく実際に回答そのままです。そしてそれらは満足頂いているというところで、コンテンツとして当然相談内容が全く同じものとして見る人が使えるわけではないですよね。しかし近い質問や相談内容があれば大いに参考になるのではないかと思っています。

アイデア相談の今後

実際に100件の人からどれくらいの人が有料だったり、お金を出して依頼して欲しいかはある程度検証出来るかなと思いました。しかし、お金を追加で出す人はおそらく1割はいかなかったはずです。もちろんお金を狙っているのでなく、反応測定ということです。

1%くらいで御の字かなという印象で、100件やって1件では元が取れませんね(笑)

薄々感じているというところと、実際にアウトプットしていますが、やはり相談が無料だとその価値を感じづらいのだと思います。これは別に無料相談が悪いわけではなく、今後も無料枠を設定していますが、かなり限定的にやっていくことが相応しいと思っています。

これはお客さんが悪いというよりも、無料という設定、あと気軽に相談してもそのアウトプットをうまく使いこなせないことも多分相当数あると想定しています。逆にお金を出して身銭を切ったら、多少悪いアウトプットでも使おうとなります。捨ててしまう人もいるかもしれませんが(笑)

また無料だから依頼したという人もいるでしょう。それが悪いわけではないです。そういう平均値、外れ値等を考慮していって結果的に、さすがに10件くらいでは見えなかったですが、100件やってまあ手応え感じていますし、そもそも自分のアイデア提案で稼いでいる金額も上がってきています。そうであれば、わざわざ安く売る必要はないよねというのが結論となります。

ものの価値、アイデアの価値、それに対する対価なんて決まったものではありません。サービスもそうでしょう。ちょっと上から目線になりますが、当初気軽に無料でもらえたアイデアが何回もあると思われた方もいるのかもしれません。現実はそんなに甘くありません(笑)自分が出せないものや苦手なことをしてくれるのであれば対価が発生します。それは商売的にはごくごく当たり前なことですね。

今後は有料化として、3000円での提供を予定しています。ココナラのプラットフォームでは、設定価格が5万までと高くなりましたが、高いものを買っているイメージが全く掴めません(笑)5000円とか1万円にしてもいいのですが、様子見というところですが、おそらくそれほど出せるユーザーは少ないと思います。これはユーザー層の購買力とか出せる金額などの話であって、それに合わせた価格を設定したほうがいいわけですね。別に貧乏人に売るとかそういうことではないですよ。

アイデアの価格帯、プラットフォームに引っ張られる相場

実際にリクエストボードなどでは、普通にアイデアを500円で欲しいとかがあります。アイデアならまだしも、企画書が欲しいとか、スルー必須なものも多いです。もちろんそれに応える人もいますし、気持ちがありそうならボランティア感覚でやったこともあります。数万円の金額を見たことがあるのは、サイト制作とかくらいで、企画やアイデアでそれらを見たことはまずありません。リクエストボードの相場が全てではないですが、プラットフォームの特性やユーザー属性はやはりそこのサービスを作ります。

一方でクラウドソーシングなどの低単価があちこちで批判されていますが、安い仕事はあるが、高い仕事がない。これらはマッチングの話で、安いと思うならやらなければいいというのが一つの見解です。しかし、安くても仕事が欲しいからやる。これ自体は、よくある下請けマインドというか、誰でもやりがちなことですね。短期的にはそれでいいですが、長期的に下請けで安くやり続けるのは戦略としてはバッドですね。

結局、そういう状況の中で、僕自身もシゴトをどんどん作っていくということです。相談数が少ない頃は、自分に自信がもてませんでした。それは良い評価をもらってもです。数こそ力ではないですが、100くらいやるとやはり自信になります。数をやらないとダメというよりも、自分がどこまでやれば「アイデア相談乗って結果出しています」とか言い切れるのか。僕にとっては言い切れることが大事で、そう感じないなら嘘になるので、ちゃんとそういう検証はしようというところです。自分に嘘をついた実績ほど悲しいものはありませんからね(笑)

とはいえ、現実は甘くありません。相談数100あるからバンバン依頼が来るでしょうか。まだまだ自サイトブログからの問い合わせがあるわけではなく、全く油断が出来ません。つまり、これもそうですが、実績や評価は時差があるということです。ある程度やった直後は何も変化がない。昔書いた覚えがありますが、プロフィール紹介を書く、自己紹介をする、新しい人と話す時に自分の紹介が変わったりします。自分をアップデートするとそういう感覚になります。昔はシゴトクリエイターとか、使ってなかったですし、あまり言ってませんでした。これも自信がなかったからですね。

ただ僕自身はマインドとしてある程度は何か出来るという気持ちでやっています。それでも結果を出して見える形にして、根拠となるものがないと不安なだけですね。それを根拠の無い自信!といって突っ込んでいくのもいいわけです。どちらにせよ、不安はゼロにはなりません。どう自分と向き合っていくか。自分の価値というか、人に役立てそうなことを出すか、それだけですね。結局そこに人に喜んでもらうことがないと、全然おもしろくありませんから。

まとめ

あまりまとまっていませんが、ざっくりいえば、実績はそこそこ出したよと。後はこれからどうしていくかですが、有料化してきちっと商売としていきますよと。これがシゴトづくりの全プロセスですね。またシゴトノウハウとしてまとめてみたいですけど、そういうのも作れますし、色々と出来ることは相談初期の頃より増えています。

自分のアイデアの感覚も、また知識ストックも増えていますし、やれることも増えてきました。楽しくなりますね。

しかし、そうはいっても明日からすぐにバンバン依頼が入ってくるわけではない。そういう冷静さと現実を踏まえつつ、少しでも多くの人に役立てればと思います。

いやー、アイデア出しって楽しいですし、少しでも喜んでもらえるのってやっぱ理屈抜きで嬉しいですね!

 

 

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!