お問い合わせされる方へ

本ブログからお問い合わせフォームでお問い合わせされる方が増えています。大変ありがたいことです。

一方で明らかに戸惑ったり、こちらも対応が手間がかかるケースもあります。これはお互いに不幸なので、一定のルールといいますか、想定されることを書いてみました。

大橋に問い合わせとか、連絡したい方はぜひご一読ください。

本記事の意図は、お問い合わせ自体のメッセージの質向上を目指すもので、カジュアルな相談を拒否するということではありません。

スポンサーリンク

問い合わせの仕方は二種類

問い合わせフォーム

1つめは問い合わせフォームです。名前、メールアドレス、題名、内容の4つを書いて送れます。気軽さはないと思いますが、しっかりと文面を書けるので、しっかり何か伝えたい方向けです。

相談事例:アイデア出しの依頼、サービスレビューの依頼、ブログ記事へのご感想等。

仕事のご依頼が多いですね。既にこれについて相談したいと決まっている方向けです。

チャット

本ブログでは右下の「吹き出し」アイコンを押すと相談が出来ます。うっとうしいと思う方もいるとは思いつつも、相談が気軽に出来るためにおいています。チャットなので、1行や2行で軽く連絡できます。

問い合わせは重いけど、チャットで軽くならという人におすすめです。

相談事例:記事のご感想、アイデアの簡単な相談、起業相談、企画相談

起業相談となると重めですが、その前にこんなこと聞いてもいいでしょうか、という方が多いです。こちらはチャットという性質上まず聞いてみる感じの相談が多いですね。

お問い合わせでやること

全ての方がこうであるということでなく、メタ的にいって、あえて印象を悪くすることはないので、丁寧にされたほうがいいでしょう。基本「丁寧」を心がけるくらいでいいのですが、実際改善されたほうがいいことを書いてみます。

自己紹介をすること(してない方もわりといます)

僕の方は開示をある程度しているので分かるのだと思いますが、こちらとしてはあなたが誰か分からないです。お名前を入れて頂くのでお名前は分かりますが、あなたは誰かの情報がないため戸惑うことがあります。

自己紹介とは、「私は○○と申します。」「私は○○です。」だけでも構いません。年齢や職業を聞きたいということでなく、問い合わせに関連する情報としてあるほうが印象が良いということですね。

問い合わせ理由を書くこと(分かりづらい方が多いです)

かなり大事なことですが、問い合わせ理由を先に書かれたほうがいいでしょう。端的に示される方もいるのですが、

  • 内容を読んで、何を求めているかが分かりづらい。または分からない。
  • 問い合わせの最初は挨拶メールみたいになっていて、詳細は次にあるというもの(やり取りしないと分からない)
  • やり取りをして何を求められるか、望まれているかが分かることもある

問い合わせをしている方が「問い合わせをした理由は分かりません」はまずないと思います。なぜなら意志を持ってあなたが「書いた」のですから。

そういう意味で、自己紹介と合わせて「ご連絡したのは、○○のためです。」とか「ご相談したいのは、○○のことです」とかが欲しいです。

題名につけることも十分可能ですが、端的に内容を伝えることに慣れてないとなかなか出来ないかもしれません。とくに題名が駄目だから対応しないということはありません。

この理由は「サイトをみたから問い合わせした」ということでなく、何を相談したいと思ったか、またはこういう仕事は可能か、自分が考える企画についてのブラッシュアップをお願いしたいとか、できるだけ端的な方がいいです。

なぜならこちらは内容を全て読まなければ分からないと、時間がかかってしまいます。しかもそれがとくに「こちらが想定したこと」でない場合があると、こちらも渋い対応になってしまいます。

内容をまとめること(何を伝えているか見えないことも多いです)

伝える内容で企画的なことでなかなか説明しづらいということもあると思います。その場合は、外部ストレージサービスを使うことでファイルも添付可能です。ただ、いきなり大量の企画書を添付されても困るところです。

実際にテキストベースでも、箇条書きを意識頂いて、書いてもらえれば相当まとめられると思います。

ちなみに、箇条書きでまとまってないレベルのものでもオッケーですが、当然こちらで出来ることも限られるので、その場合も何をしたいか、どうしたいかを意識してみてください。

企画でなく、相談することがまとまってない、要点がつかめないのはNGです。ぜひ、こちらが読んでいることを頭に入れてみてください。

以上、3点は当たり前のことと思われる方もぜひ意識してみてください。

自己紹介をする、問い合わせ理由を最初に書く、相談内容をまとめるの3つでした。

こちらで出来ないこと

発明や特許に関すること

シゴクリとはの説明ページにも明記してありますが、個人発明家等で特許があるまたは知的財産権を所持していてそれらをどこか企業へ売り込みたいなどのケースはお受けしていません。なぜかというとこちらで何か出来ることがないからです。

これに関する問い合わせは基本的に返信しないこともあるのでご了承ください。なお誤解がないように申し上げると、発明や特許自体は素晴らしいものですのでぜひ社会に還元してもらればと思います。

ビジネスアイデア等の無償のブラッシュアップ

ビジネスの企画やビジネスアイデアを送られる方もいます。それはいいのですが、仮にそのブラッシュアップやアドバイスについては有償となります。

無償で行うことはありませんが、こちらが感じたことをアドバイスすることは可能です。簡単なものであり、また内容に対しての深いツッコミは行ってないということです。

やり取りが長くなるような場合も同様で、こちらも仕事のためご了承くださいませ。もちろん別途見積もりやアイデア出し等を行うことはやりますのでその場合お仕事としてご依頼くださいませ。

商品やサービスの営業メールの対応

これは基本的に行っていません。怪しい商材案内とか謎いものはスルーということです。昔はもっとあった気がしましたが、だんだんなくなってきましたね(笑)

もちろん提案者が怪しくないとか、然るべき信頼ができそうであれば、こちらの見極めの上やっています。当然、その場合も自己紹介等をしてこちらが怪しまないようにしてもらえればと思います。

以上、それ以外のことであれば大体対応できる(返信はする)かと思います。

チャットで見られること

チャット自体はカジュアル枠なので、正直丁寧な人もいれば、一文メッセージが何か分からない方もいて、どこまで求めるかの線引きが難しいです。

とはいえ、心当たりがあることを書いてみます。

チャットの内容が分からない

こちらはどなたかすら分からない状態ですので、チャットで氏名すら名乗らなくてもオッケーです。その上で、チャットされる内容で、何を求めているか、一文で分からないこともままあります。

カジュアル相談という性質上こちらも、さくっとできるかどうか。または時間がかかりそうか、対応しづらいなどで対応は問い合わせよりも優先度が低いです。その点ご承知ください。

意見等やアイデアを投げられる方もいるのですが、その場合もこちらでどうして欲しいかがないと、「ご意見ありがとうございました」で終わる可能性も高いです。

何回かやりとりが必要な相談

これはもはや問い合わせかなと思ったりしますが、チャットでやりとりが入り口なのでとくに悪いとか駄目とかってことではないです。

ただあまりやりすぎると、無償ブレストみたいになってしまうので、このあたりは長くなるなら問い合わせ、別途仕事としてご依頼ということにしています。

もちろん最初から分かるわけでないので、うまくチャットを使ってもらえればと思います。

アイデアの売り込みをする

わりといらっしゃいます。ただ「そのアイデアいいですね」くらいで否定も肯定もせずというところで終わりがちです。

あなたがやりたい企画やビジネスならあなたがどこまでやっているか、やってないのかを明記しつつというところですね。そうであればそこでどのような課題があってとなります。ただ、この手の話題で多いのが上の特許売り込みとか発明商品のなにか、またはビジネスアイデアの売り込みです。

発明系は対応不可ということでいいのですが、ビジネスアイデア自体は私が買い取ることはまずないです。これは私がアイデアを提案しているから価値を分かっているとはいえ、それを買い取ることが出来るのは、然るべき仕組みがあったり、そのアイデアが売れる根拠がある時です。現時点でそのような買い取りビジネスは難しいと考えています。

なお、ビジネスアイデアを端的に投げて買い取るのが難しいだけであって、一定のアウトプットにしたり、見せ方を工夫したり、買い取りたい人に提案することで可能なのは確かです。ただそれは私ではないというだけですね(笑)

基本は丁寧でお互いに伝えるを意識する

以上、ざっと書いてみました。

今後ちょっと時間が取れなくて対応が遅れたり、またその話題や内容であればさすがにこちらもということ、これはもうご縁と思って割り切ってもらればと思います。

そのため、基本丁寧にやっていただき、自己紹介+理由+内容をかつシンプル簡潔を意識してもられば、全然要件のみでオッケーです。そうしないとお互いの時間が無駄になりますから、心がけてもられば嬉しいです。

念の為ですが、問い合わせされる方の多くは丁寧な方が多いですから、不快感があるということではありません。が、もっとよく出来るのにという改善という点で書いてみました。見ず知らずの方に、なぜこちらがやるのか?ということを少しだけ想像してみてください。偉そうに書いていますが、その想像力がなければそもそも企画やビジネスを形にすることすら疑わしいというのが私の考え方です。

問い合わせから何か生まれるかはこれこそ、仕事なり、プロジェクトなり、情報提供等なり、ご縁だと思います。人との出合いということですね。

私でなくても、色々なアイデアマンやビジネスマン、フリーランス、優秀な方は多数いるわけで、ぜひ他にあたってみてください。

0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク