第17話 誰でも公平にある財産が与えられている

本企画は、儲かる発想(鳥井シンゴ著)を1話ずつ読んでいきその気づきを共有していくものです。

スポンサーリンク

読んでいく本はこちら

目次情報は講談社ページにあります。

マーケットと儲けのネタをヒモづけよう! ビジネスマンのための「儲かる発想」

第17話

ネタバレですが、この財産とは時間のことです。

本章では、時間という公平な財産を誰もが持っているけれど、それを無駄とはいわないですが上手く使えてないという話になっています。

この話で好きなのは、著者が遊びに行く飛行機で出合った人と食事に行き、中国ワインを知ったという話です。

これをたまたま偶然という人もいるのだと思いますが、打席やそういう体験を増やすことと、著者が今まで書いているようにマーケットとネタをひも付けることをやっているからこそ見つかったビジネスなのではないかと感じました。

また、時間の話は、楽する発想という本でもっと詳しく書かれています。どちらかといえば著者の仕事術的な本ですね。時間術などに興味があれば面白いかもしれませんが、個人的には儲かる発想のほうが面白かったというところですね。儲かる発想の中に楽する発想がある感じでした。実際は逆かもしれませんが。

今回得られた気づき

目的のために邁進できるかどうか

シンプルに考えれば人生の意味を考えつつ目標ややりたいことがあれば愚直にやってみる。その時に時間は確かに公平ですから後はその人次第となりそうです。

一方で人は情で動く生き物ですから、ドライにやりきるってなかなかできません。むしろ、情緒的な挙動がないと人間らしくないといって嫌われてしまうというところでしょう(笑)

自分がやりたいことがあるけどそれがうまくできない。難しく考えれば色々と言い訳が出来るのですが、一方で運もありますし、全ての人が望んだやり方や考えた方法で出来るわけでもないです。実際にスキルや才能がゼロでもはなくて、一定の経験やスキルがあるからこそ出来ることも多いのが事実でしょう。

どこまでドライにやり切るかと、いやいや感情的に遠回りして何も決まってない状態を楽しむかは、二択というよりも、実は同じ人間ですからどちらもありで、どちらも愉しめばいいのではないかなと僕は考えています。

昔面白いというかそういう人もいるのだなと思ったのは、心理学などで相手が何を考えているか分かる(ことはないのですけど)みたいに思われる方がいました。自分の考えをそもそも出したくないし、見せることに抵抗があるみたいな話です。心理学の見解は全く違うものの、そうやって自分の考えを見せるのが嫌という人は結構いるのだなあと感じました。むしろそれがオモシロイと思っているので、全くルールというか世界が異なるんですよね。

なぜ嫌かというと、「自分はこう考えるんだ」というのが、笑われたり、馬鹿にされたり、それでいじめられるとか、ひどい扱いを受けた可能性が高いでしょう。それいいねといってどんどん発展させていくのが実はアイデア出しやアイデア活動やアイデア会話の面白い醍醐味なのですがそうやって考えを提示するのが嫌となっていては話が始まりません。

心理やメンタル的な話はそれくらいにしておきますが、実際に何かやろうと思っても出来ないというのは、メンタルもですが、環境なり、そもそも自分が原因でないことも多い気がします。それしか出来ないような環境なら多少のストレスでもやってしまってあとから楽しみが来ることはあったりします(ブラック企業や悪い環境が良いなんて意味ではないですよ)。

色々やればきっと見えてくる

ものすごく乱暴にいえば、アイデアビジネスでもですが、アイデアを形にしていくことを丁寧にやっていれば、自ずと何かが見えてくるだろうという楽観的な見方です。

実際に本書に出合ってから相当年月が経っているわけですが、自分なりにアイデアビジネスを実現しようとして試行錯誤してきました。

お金になったものもならなかったものも、立ち上げた企画やプロジェクトも全部宝です。学んだことは数知れません。

まだ何かが成功しているとか完成したという感じはありませんが、常に学び成長するという成長という名の宗教に仕えるものとしては(笑)常にアウトプットしていく中で、一緒に、これは読者であったり、仕事をする仲間であったり、友人であったり、お客さんであったりという社会の人というイメージですが、やっていきたいなあと思っています。

そのためにも、アイデア活動をさらに高めていき、うまくこうするといいかもという知見を共有できればいいなと感じました。本企画自体もそういう一つのきっかけになれば幸いです。

おわりに

本企画もこれでおしまいです。

儲かる発想本は僕の中ではアイデア出しというよりは、ビジネスの考え方としてまずは一読して欲しいという位置づけでした。実際に本企画を通して買ってもらった方もいらっしゃるようで嬉しい限りです。

ぜひあなたも読んでみたらアウトプットしてもらって何が得られたか学べたか教えてくださいね。

0から仕事をつくる実践記

クラウドソーシングでアイデア出しをメインにシゴトづくりを3年してきた気づきをまとめました。

企画やアイデアをシゴトにしたい人の一つの参考にしてもらえれば嬉しいです。

アイデア仕事の当選率などのデータもあります。
スポンサーリンク