BARで使うクーポンメッセージのキャッチコピーなどのアイデア13

質問

Q.BARのクーポンメッセージで女性1人客が入りやすいメッセージを考えて貰えませんか?

回答

A.以下で回答致します。

1)男性もお気軽にどうぞ

ある床屋の施策であったようです。美容でなく理容ですが、女性も利用する人を増やすというネタだったと思います。男性もとあると、女性は多いんだねと錯覚します。効力はどこまであるか分かりませんが、さらっと書いておくのがポイントでしょうか。

2)男性一人客向けのおつまみセットみたいなものをつくる

例えばレディースセットみたいなものをつくって、1000円でドリンクと女性向けのおつまみがあるなどで気軽に入ってもらうというものです。おつまみではおじさんの感じがするので、小鉢とか一品とか手作り品とかそういうワードがいいと思います。

メニューにそういったセットがあるとハードルは下がると思います。

3)たまには、一人バーもいかが?

一人カフェなどからの連想です。一人バーというのは普通なきがしますが、普通を普通に伝えると意外な反応があるかもしれません。

4)一人向けの延長路線

一人カラオケ、一人焼き肉など一人で楽しむ人も少なくないそうです。そこで、一人でバーならどうだろうかという視点で考えてみます。一人カラオケ、一人焼き肉をおすすめしているところのお店は何をしているか、またはどう考えて対応するかのヒントになるのではないでしょうか。

5)お一人様のお客様も多いですよ

1のアレンジです。お一人様を女性がどう受け取るかですが、ネガティブに受け取る人も少ないなさそうです。ただ一人でいってみたい人には「あ、いいんだ」くらいで気軽に受けとってもらえるかもしれません。

6)ノンアルコールドリンクも豊富です

アルコールが飲めない女性も多いと思うのでそれらの人向けです。バーにアルコール飲まずに来るのは歓迎しないというなら駄目ですが、体験してもらうという意味では良い伝え方かもしれません。

ノンアルコールカクテルなどにしたほうが女性向けという印象になりそうです。カクテルが女性向けというイメージですので。

7)一人で飲みたい時もある

あまりキャッチではないですが、これは仕事帰りのOLさんなど向けのイメージです。一人で飲みたい時に家飲みか、友達を誘うかなどで一人バーはないかもしれません。

8)料理が美味しいお店です

バーだけど食事も楽しめるというところでライトにします。

9)野菜がたくさんあるお店です

野菜も女性にはヒットしやすいです。ここでのバーイメージとコンセプトがずれると駄目ですが、それなりのメニューを作るというところになりそうです。

アレンジとして、からだにやさしいお店ですのほうがシンプルでいいかもしれません。当然野菜=健康に良い=からだにやさしいという意味合いです。

10)バー初心者におすすめ

例えば初めての人が来やすいバーという雰囲気をつくったり、それらをお客さんで伝えてもらうと出てくる言葉を拾います。

「はじめていくならここだなあ」というような何気ない言葉をもらって、
それらを載せるなどです。

実際に女性客から声をひろって載せるだけでも効果的だと思います。

11)席数も豊富です

小さいお店だと気を遣うとかいうのもありそうです。席数が豊富と書くとまずいなら、席もゆったり座れますとか、色々な書き方を試してみます。

12)ひざかけや荷物カゴなど女性向けメニュー豊富です

ひざかけとは、女性は冷え性の人も多いので、ひざかけなどがあると嬉しい人も多いです。また経験的にカフェなどで、女性が多いところはほぼ荷物カゴがあります。直接下におかずにかごに入れられるので女性客には好まれると思います。

これは女性向けにメッセージを出すだけではなく、女性の視点で店作りができているかという話ですので、その店作りと同時にメッセージを作る必要があります。

バーはよく分かりませんが、そういうバーがなければチャンスになるような気がします。

13)一人で楽しむ連載

クーポンを連続で期間で発行できるならば、毎回メッセージを変えるというアイデアです。

その場合、例えば一人でバーを楽しむコツ、心構え、バーあるあるみたいな気軽な内容を一行やマンガイラストなどで伝えます。

例えば、一人でいって悪酔いした(駄目です飲み過ぎ)とか、そういうものを経験から書き出してみるといいと思います。

14)まとめ

女性視点というところでいくと、お酒を一人で豪快に飲むというのは女性イメージにあまりないので、おそらく女性が気軽に楽しめるということを
しっかりと出していくといいのではないかと思います。

上のアイデアをいくつか組み合わせて見るといいかもしれません。

ぜひ、クーポンなど試したものができたら見せてもらえると嬉しいです!
お店のご発展をお祈り致します。

 

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!