もっともっともっと仕掛けよう

シゴトクリエイターの大橋です。

今回はご飯づくりの合間に、自己啓発、まさに自分を啓発することが読者のためになる!というところで書いてみたいと思います。

最近振り返りを自分で小さくやった時のフィードバックです。

仕込みが足りないのではないか?

ブログを結構書いている印象がありますが、それは普通にやるとしてもっとやれるのではないか。そんな感情や気分があります。何か自己啓発系の本を読むと出て来るパワーやエネルギーですが、そういうものよりもビジネス書的なものでも普通に出てきたりします。

今仕掛けている手札、または種まき案件、突っ込んでいるプロジェクトを洗い出してみると、やってるけど全然だなあとこれまたマッチョではないんですが、自分のことなのでそのように思いました。要は出来てないというか、もっとやれるという感覚です。

自分はやったけど出来なかった。これは結構努力したけど無理だったと言うときにいう「受け入れる」台詞ですし、悪くないです。でも、やったけど出来なかったというのは常に完了形であって、未来には常にポジティブな光がある気がしています。少なくとも過去出来ないなら未来も出来ないというのは好きじゃないですね。もちろん荒唐無稽、妄想、空想に常に付き合いたいというほど変態でもない。そのあたりは自分なりに解釈しつつというところです。

もっと仕掛けられる感覚があるなら多分出来ます。仕掛ければいいだけですから。多くは仕掛けられるとか駄目なんだろうといって諦めて行動をやめてしまうことです。もちろん愚直にやればなんでも叶うとは思っていなくて、でも諦められない何かがあればそこにリソースを突っ込んで大胆な投資をしてもいい。大胆でなくてもいい。自分の時間を突っ込むことは簡単な投資といえば投資ですからそうしていこうということですね。

ポートフォリオをもっと磨こう

電子書籍を作る作るといって原稿が進んでないので、そういえばということでブログでやろうみたいなことを思いつきました。とはいってもそれもまた止まってしまうのでやる気がないのか自分はという突っ込みを自分でやりつつ、いやそんなことはないのだ!といってやり切れるまで踏ん張ろうと思った次第です。

要は不思議なものでブログで慣れているとWordに向かうことがテンションが下がるので、Wordpressエディタ画面に向かったほうが対話している気がしている(少なくともそういう気分になるのが大事)のでそっちで書いていこうというところですね。

ブログも資産ですが、電子書籍も一つのチャネルやファン向けの商品としては一定数機能すると思うので、どんどん書いていこうというところですね。ブログ人気記事をまとめるのも定番ですが、書き下ろしが好きですね。同じ言い回しはあるとは思いますが。

シゴトクリエイトする人たちを取り上げよう

まさに既にシゴトクリエイターとして取り上げている方がいて、イラストレーターの方で、池田さんという方がいらっしゃいます。シゴトクリエーターと厳密には「イ」がないので区別できます(笑)いやコンセプト全く同感です。本を読ませてもらって、同じこと考える人いるのだと面白かったですね。

池田八惠子の“シゴクリ”サイト!

この本は漫画ですが、色々なシゴトクリエーターに取材をしてそれを漫画にしているんですね。要は取材ですね。

取材は嫌いじゃないというか僕も好きなんですが、打って出る何かがまだ作れてないというところですね。まあ開拓するのもいいので、今後voicyやら記事広告的なものやら、ブログや企画を通して作っていこうと。もちろん、漫画は無理なので、文章としてインタビューして書き起こすのもいいですが、あまり芸がないのもやなのでちょっと作り込みというか作り方は工夫したいですね。

例えばインタビューもラジオ収録してそれを書き起こせば一石三鳥で、番組にもなるし、本にもなるし、ブログ記事にもなるというところを狙っています。

自分のアイデアの出し方をまとめていこう

何回かまとめていますがそれに関連して他のアイデアマンのやり方をどんどん参考にする以上に学んだりしつつ、アウトプットとして提示すると学びにもなるかなと。

要は他のアイデアマンから学ぼうという狙いです。#shareidear企画はまた説明しますがそれに近いだろうと思っています。リレー的にやるとダレてしまって終わるので、がっつり継続出来るモデルとしてはTwitterブレストから展開するとか、自分のフィールドで動いたほうがいいかなあと思っています。

このあたりはまたどしどしアウトプット出来ると思います。

お前ならもっとできる(笑)

Twitterとかでもよくつぶやいているのですが、「がんばれ己、ファイトだ自分」みたいなのが好きです。これは他人にやっちゃ駄目です。あくまで自分にはそういうのが好きなので、精神論はクソだと思いますが、自分にはオッケーだと思います。

ただ自分にオッケーなものだから他人に適用したいとは思っていないですし、仮に自分ができるから読んだ人が私も出来るとかになるかもですが、それはお任せです。少なくとも君なら出来るというのは死語として使いたくないわけですね。やる気ないならやめたほうがいい。それだけですね。

自分を鼓舞することで、自分を受け入れる。まさに自己啓発。素敵だと思っています。やる気がなんだか出てくるわけですから。

おわりに

自分の可能性は年齢とともに下がってきてどんどんやれることも少なくなる。一般論ですが、ノウハウも溜まり無駄な行動をせずにもいける。やっぱりですね、可能性は後者です。前者的にいってたら単なる若爺さんですから(笑)

どんどんシゴトつくっていきましょう。諦めたらそこで試合終了です。別に試合でなくてもいいんですけどね(笑)

 

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!