フリー素材アイドルMika+Rikaの企画アイデアの発生源を調べてみた

Mika+Rikaというフリー素材アイドルというユニットがあります。出てきた時に面白いと思ったものの、結局どうなっているかあまり調べ切れずにいましたが、こないだ少し調べたのでアウトプットしておきます。

新しいアイデアやプロジェクトを立ち上げるとかそういう切り口の参考になれば。結論的にはテレビ番組の企画アドバイスから生まれたという認識です。

Mika+Ricaはアイドルのフリー素材というアイデアで切り込んだ

ミッションは「宣伝費0」で双子アイドルユニットを有名にすること、「フリー素材アイドル」の裏舞台に迫るによれば、文字通り宣伝費をかけずにどう有名になっていくか。そのアイデアとして、著作権フリーとして認知度を上げるというものでした。普通に考えるとアイドルの著作権というか肖像権もですがそれがバリューになるのでそれをフリーにしたら価値ないじゃんとなりますがそこを認知度アップと考えていく作戦です。これは贔屓目にみても成功したのではないかと言えます。

一方でダウンロードや利用期間、クレジットというのは結構難しくてというか管理を一点一点しているところは専門や担当やまたはそのような著作権管理ソフト的な(例えば写真素材の期限を入力し来たら通知してくれるなど、Wordpressプラグインであるかは不明ですが、リンク切れチェッカーに近いですよね)ものがないとまあ無理でしょう。

【追記あり】フリー素材アイドルMika+Rikaの使用可能期間は残り2ヶ月!2018年以降も使用できるのか問い合わせてみたにもありますが、公式サイトで久しぶりに見ると「2019/12/31」までとなっていました。ダウンロード、利用どちらもです。これらが以降延期になるかは不明で知名度や仕事などを考えるとまあ使えなくなるのでしょうね。

皮切りはクラウドファンディングの成功から

GREEN FUNDINGでのプロジェクトが成功しています。

HIPHOPユニットMIKA☆RIKA
日本初、“フリー素材タレント”になる!

プロフィール的には、会社員としていたがHIPHOPユニットを結成。そのまま脱サラという勢い重視なところで、アイドルメーカーズというTV番組に出演機会あり。

この番組での面白い企画というのが、フリー素材タレントということのようです。つまり、独自の企画というよりも、番組でのアドバイスやブレストといっていい。そこから始まったんですね。

こういったアイデアのはじまりは気になるのでさらに調べると、アイドルMAKER’Sというテレビ番組はテレビ埼玉で、放送日は2014年9月26日放送#9となっていて、youtubeでも公開されています。この番組自体は夢を叶えるということが主旨なんですよね。ただ既に最新バックナンバーがないので現時点ではあるかは不明です。

Mika+Rika出演回もまとめられているので気になる方は、見てみてください。

当然ながらこうやってアイデアが形になること、またはやっても鳴かず飛ばずが普通だと思うのでそれがある程度形になったのはすごいなあというところです。

素材の価値はあるかどうか

素材の価値自体はユーザなど利用者が決めます。一方で、企画として考えると、「無名」な人の素材がいるかどうかですが、ブログアイキャッチであれば誰でもいいというかシンプルなポーズがいいわけですね。まあそうでないこともありますけど。肖像的に同じ人がどこにでもいるのは風景やモノなら耐えられるけど、人は厳しいというのが印象です。それがほぼない時ならいいんですけどね。

あとは素材として使えるかどうか。フリーだから適当でも困ります。とにもかくにもフリー素材として使えるものでないと回らないのは確かですよね。

おわりに

アイドルという活動も簡単ではないというか芸能活動であればきっつい印象はありますが、今というか面白い企画というところで調べてみました。

ぱっと咲いてぱっと散るみたいなのもある種ありですが、どちらかといえばアイドル活動というのはメジャーになれない人が多いわけで、その中でどうきちっとファンを作ったり長期で活動できるかどうか。当然、飽き(本人も、ファンも)もあるわけで、なかなか厳しいものです。

それをフリー素材という切り口で、むしろアイデンティティをオープン化し委ねることで得られた認知度は成功といっていいかもしれません。もちろんその後は実力然り、運もですがどうなるかはまた別でしょう。

こういったオープン化でうまくいくというイメージはあまりなかったので、面白いので印象に残っていたのが実際です。

もしこういったフリー化やオープン化で成功したり、事例として残っているものがあれば教えてもらえると嬉しいです。気になるー!

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。