チラシのABテストアイデア

色々なチラシを見ることがあるんですが、さすがにこれはないなーってチラシありませんか?

というわけでそんなチラシを見て考えたのはチラシのABテストが簡単にできるサービスです。

ちなみに、ポスティングやチラシ印刷などではサービス化している感じですけど、あくまでそれは該当サービスを使うオプションなのかなーという感じですね。

以下ざっくり調べた類似サービスなどです。

https://www.adnet-group.com/posting/service/plan_2.html

とか、見つつですね。

アイデア概要

ここでのABテストはもっとシンプルで、チラシを出そうと思うJPGやPDFをアップします。それを見た人が投票する感じですね。良いか悪いか。出来ればターゲットを明記してターゲットに近い人か、それを想定して答えるのがいいでしょう。

10だと少ないですが、30-50くらいの回答を集めてそれで判断します。

昔こんなサービスがありましたが消えてしまったので、どこまでこのABテストにお金を出すか次第となります。1万円は多分きつくてとはいえ1000円は安いかなというところで、あとは回答する人とのインセンティブが合うかどうかですよね。

仮に、1000円とすると、50人で一人20円ですから、なんとも言えない金額ですね。時間を考えるとミニマムタスクとなりなんともです。こういうサービスでもいいですが、10-30人くらいにおさえるか、コメントをちゃんとする人には評価されるみたいな仕組みがいいですね。

例えば、一人100円で10人。それらのコメントはわりとちゃんとしている。これなら1000円の価値はありそうです。そのチラシが改善されて反応率が高まるというのを狙いますが、確実に上がるを保証するのではないので、そこがネックというかポイントになりそうです。

と、思ったらUXデザインとかWeb系ではありますが、MembersのABテストなんてかなり近いサービスですね。これは人をそれだけ囲い込んでいるのとボリュームとして企業案件などがないとできないはずなので、こういったサービスとは違う切り口にする必要がありますね。

多くのアイデアはやられた後なんだけど

って考えは好きなんですが、一方で先人がやってもなんか今とは違うよねという考えも好きです。結局、似たようなアイデアはあまり微妙だったりしますけど、とはいえそれを「それ似たようなものですよね」っていわれても、「なんか納得できんな」というとき、そういうアイデアってやっぱ試したほうが良いし、保持しておいて適宜試す方がいいなあと僕は思います。

もちろん、固執したからといって絶対なんて保証はないですけど、なんていうか論理を超えたパワーとかってそういう熱とか好きだとか、なんか違うぞっていうところしか生まれ得ないからですね。

今回はこのABテスト、チラシ版ですけど、そもそもチラシを配る事業者がどれくらいいるか。とくに新規開業なら欲しいところですよね。それ以上にそもそもチラシにアドバイスをもらえるとかがバリューになるんじゃないかと。しかもそのコメントは筋が良いとなればいいわけですから、無駄に沢山人は集めずにこれはという人で構成すれば面白いサービスになるかもしれませんね。

課題は何か?

課題は多いのですけど、まずユーザーとして投票やコメントをする人を集められるかどうか。どっちかというと、それはやりたい人がいそうですけど、チラシ事業者というかチラシを撒きたい側である事業者を集められるかですよね。

既に競合や既存市場があるとしてそこで抜きん出るのはなかなか難儀な感じもします。

あとは効果とのお金のバランスですね。チラシのデザインや印刷だけでも数万円はかかるのと、配布はもっとお金がかかるので、1枚印刷で5円でやっても1万枚で5万円ですから、安くしても10万円はかかるわけですね。そこに対して出せる金額はいくらかというと、1割は高くつくので、数%つまり、5000円前後が相場かもしれません。

さらにターゲットとしてチラシで失敗というか反応がないものを出した経験がある人であればあるほど、この痛みは分かるので、失敗したくない=失敗率を下げたいと考えるはずです。そのための5000円であれば安いでしょうとなれば良い提案となりそうです。

とはいえ基本的にこれは集客として事業者から集客出来る仕組みが出来れば結構回る感じもします。ただビジネスサイズとしては大きくはならないはずで、新規開業数しかもリアルでとなると限られるという意味で、大都市圏に限られるサービスかもしれませんね。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。