活気やエネルギーは「沢山」から生まれる

活気とかエネルギーってどう生まれるかというところで、ちょっと考えてみたネタです。

ビジュアルで1つしかないと寂しい

キャベツが1個か、それとも山盛りある場合

スーパーなど店頭で、キャベツを想像してください。できれば積んでも良さそうなー根菜類とかですよね、固いものですかね。そういった場合、1つしかないと寂しいと。なぜか?

それは売れ残りとか、実際に下にあったので傷んでいる可能性もある。あと選別されて(主に客が)残ったものでもあると。そういう意味で、寂しいのですね。だから、活気がない。

では、そういうボロボロとはいわないけれど、シンプルに数が多く盛られているならどうだろうか?というわけです。そうすると、なんか熱気とか活気がある。エネルギーが生まれるわけです。

ここに理屈はないのかなと。つまり、人は色々あると活気があると勝手に「脳」がですが、判断するのではないか。これって、行列とか、流行り=他の人がやっている、というので乗りやすいのも似ているかなと。同調というのもあるし、外さない心理もあるんですが、人がいるところがあるとつい見ちゃうのは、そういうものかなと思うので。

活気や熱量を出すには?

そうです。だからコンビニなら、「揚げたてコロッケがー」ということで声を上げると。あれをやると1割くらい売上に寄与するらしいです。ブックオフだといらっしゃいませ連呼みたいなのがありますよね、最近どうかはしらないですが(笑)

そうやって情報量ですよね、キャベツは見た目ですが、音の情報でもいいし、人などでもいいし、賑わいを作るのは意味があります。そうすれば絶対売れるわけではないですが、活気があると感じて注意を引き付けられると。そういうわけですよね。

ただこれもやり過ぎると結局薄れそうです。つまり全て山盛りで積みまくってやると。ドンキとかが近いですかね。でもまあ慣れるとそういうものだからーということで効力は薄れそうです。スマホゲーなら、SSRだ!みたいな感じでレアキャラを何度も出せば飽きますし、その加減をカスタマイズしても駄目なものは駄目というか。

とはいえ、まずはやれるところからやるというのがベターですよね。例えば、学習においては量→質という形になりやすいですが、これってまずやる気みたいななかなか勝手に生まれないものが、やることで生まれると。文章も書くとより生まれるというのがあるし、ビジュアルも描いていると描きたくなるとか、本も読んでいると読みたくなる。まあそれとは違う気がしますがそういう傾向はありそうです。

だから、賑やかしたいならば、とりあえず色々出すのはありですよね。問題はその次に、ごちゃごちゃしているということになりがちってことです。良くわかります(笑)まあそこはそれとして課題を分けていきつつも、まずは活気がないと注目してもらえないのかなというところです。

あともう一ついえば、なんで注目を浴びたいかってことですよね。その狙いが浅い、例えば悪い商品を売りたいなら、それは品質が悪いからこそ売れないわけです。だまされたと感じる人が多くなりますし、結果的に本質的に売れなくなると(笑)

何事も量かもしれない

ブログとかもですが、ビジュアルとかも、学習もですが、ある程度量なんだろうなと感じています。それを楽しめるのも工夫やアイデアですけど、そこをどうするかで多くの人は悩みがちです。考えるならいいんですけどね。

悩んで止まってしまうと面白くないので、こういう工夫でやってみたら面白いかな?こうしてみたらどうだろうかということをやっていくと。

そうやっていくことで、量をやりつつも、工夫を入れて試す。それはまさに「遊び」ですが、遊んでいる人はそれを自ずと、とはいえ無意識でできるから、面白いんですよね。

というわけで、そこそこの量、一定の量をこなすまでが大変なわけですが、やっていくと何か発見があるぞ、面白いのがあったという、発見、気付きを少しでも見いだせれば、僕はわりとできそうな「感覚」を持っています。

逆にそれがない、やっても気づきがないならすぐやめちゃいます。そのハードル、見つけ方は人次第ですが、それができれば何でも楽しめるのだなと、改めて自分で感じたという話でした。

ライター

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
ビジネスアイデアメディア「シゴクリ」運営者。生まれてくるアイデアをビジネス化出来ないかを考え続け、アイデアの力でお客様に貢献するゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談やビジネス企画の実績多数。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。