新規スマホアプリへのアドバイス

アイデア実績

依頼概要

  • 新規スマホアプリでの企画で困っている
  • 企画を継続的に行うにはどうすればいいか

ポイント

意識したこと

新規のスマホアプリということで、お話を伺ったときに、どこに課題があるのかということを意識しました。

「企画」で困っているというのが最初のご相談でしたが、アプリ自体は出来ていてそのアプリ自体の認知や利用等が課題ではないのかと考えました。つまり、土台は問題がなく、枝葉というと乱暴ですがその上で企画的な、販促アイデアが求められているかどうかという確認をしました。

その確認により、どちらかといえばアプリ自体の位置づけ、認知やどのような使われ方をして欲しいかなどより具体的な話でアドバイスすることが出来ました。

求められていたのは当初は企画的なアイデアですが、一方でアイデアを考えてもそれは枝葉となり、根本や本質はどこか。土台はどの方向になるのかというところをより突っ込んだ形でお答え致しました。

クライアント様からの評価

決めきれてない部分や弱み等が明確になり、考えるヒントになったという旨の評価を頂きました。

データ

粒度小さめ
アウトプットアドバイス
分野IT・アプリ
用途・目的企画相談
予算1万円以下

筆者プロフィール

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
「シゴクリ」運営者。アイデアの力でお客様に貢献するゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談実績等は200超を超える。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談窓口

ビジネスアイデアに関する、アイデアや企画、事業、起業についてカジュアルなご相談はお気軽に壁打ち可能です。

詳細はアイデア相談窓口(お仕事依頼)をご参照ください。
スポンサーリンク