Kindle本のプライムデーセールということで面白そうな本を勝手にピックアップ

Amazonのキンドル本が、プライムデー2022年7月12日、13日に向けてセール価格で売っています。

プライムデー最大70%OFF Kindle本セール
期間:2022年6月21日(火) 00時00分 ~2022年7月13日(水) 23時59分(日本時間)

面白そうな本を探してみてねでは、さすがに面白くないので、ビジネス・経済カテゴリをざーっとみて面白そうな本をピックアップしてみました。僕が見た時点では、262ページ程度ありましたが、そこ全部一応舐めてみてって感じです(笑)

各紹介で、左にある「BUY ON AMAZON」押してもいきなり買うわけではないのでご安心ください。詳細ページに飛ぶって感じですね。

ではいってみましょうー。

面白そうな本をピックアップ

日常の観察を磨いてみる

書店でちらっと読んだ記憶があります。観察力自体は全くその通りで、本ブログでも何度も言ってますが、どうやって観察していけばいいかが書かれていたはずです(笑)

観察というと、特殊な気がしますがそうでなくて、日常の中でどういうところを見ていくか、そのヒントになるかなと思います。

言葉によって思考してみたい人

梅田さんのこの本もかなり売れた気がします。こちらも立ち読みで軽く見た限りですが、言語化ですね。

リサーチもアイデア出しも、言語化できるかどうか。上の観察→それを言語化できるか。著者はコピーライターだから言葉のプロですが、そういう「言葉」のプロでなくても、言語化ってめちゃくちゃ使えます。

そういう意味で武器になるし、思考は言語で行うも全くその通りだなと感じました。

これは買います

以前紹介されていて、そのまま買わず放置していました(笑)というわけで、これは買ってみて読んでみます。国家論という感じですが、典型的に国は衰退を繰り返すと考えると、国家自体を相対的に見て、絶対視しないということになっていくかなと思います。

また読んでみたらレビューしたいと思います。

泣く子も黙る守屋さん

既読で感想レビューを書いたものがあります。「起業は意志が10割」でエモかったのは成功の定義の話

この本を読んでもそうでしたが、やはり起業の成功ってなんだろうかというと、お金を得ることとかって定義がやはり甘いんですよね。甘いというか、それって多分主にならないと。どういうことかというと、お金を得るなら別に就職してもいいし、なんなら投資でもいいわけですよ。

起業が手段に過ぎない、またお金も手段に過ぎないとなるとどうするか?そうです。思考として、何をしていくと良いかと本質に迫れるはずです。ここで、何でもいいからお金をえられればいいなら、詐欺が合理的に正しいですが、倫理的にアウトですからね(笑)

そういう意味で、色々なビジネス開発を成功させている方が、意志が大事というのはしかも10割なんですよね、それ故に強調したかったんじゃないかと思います。

というわけで、起業とかしたい人もやっている人も、その確認のために買ってもいいかなと。

スモールビジネスで起業したい入門

freeeの出している雑誌です。キンドルは正直見づらいですが、内容は起業とか、スモールビジネスとかやりたい人にはまとめられてていいかなって感じでした。既読です。

第二号もそろそろ出るはずなのでそこに期待ですね。

会社員生活になじめず「マッチングアプリの添削」で起業?
『起業時代』編集長が紹介する、“無理のない働き方”事例4選

こちらの記事も面白かったので読んでみて興味湧いたら買いですかね。

メタ認知を高めたいなら

こちらはKindleUnlimitedで読めますが、Kindleでもよければというところです。Kindle価格で425円になっていました。

細谷さんといえば最近読んだ、サクッと分かるシリーズのマネジメントが面白かったです。内容はそうですが、イラストが味があって良かったです。そういえば、具体と抽象も緩めの四コマが良かったことを思い出しました。狙っているかもしれませんね。

マーケターの仕事、思考を深める

試し読みした限りでは、1年目の人が読むよりもある程度やった人が読んで、色々なパターン、手法、把握の仕方、思考があるということを確認するのもありだなと思いました。僕もちょっとその観点で振り返りつつ、別に正解はないのですが、参考にしてみたいかなと。なので買ってみます。

1年目とあるのは、最初から考え方を抑えておけばいいという配慮なのでしょうが、あとは参照できるように「教科書」という認知を作りたいとか、やはり適切なタイミングとかがあるので、実践があるものは教科書ではないため(笑)やはりそこはズレるかなと予測しています。

書くコト、考え方を学ぶなら

友人が昔薦めてたなあということを思い出して、こちらはKindleUnlimited対象でKindleだと320円となっています。試し読みを見た限りでは、なかなかの深さですね。

確かに考えるとは、言語、言葉、やり方があるわけですが、そのアウトプットが文章であるということですけど、そのやり方がわかってないと、くるくると回って何も深みがないと。メタ認知とか色々抽象化とか言ってますが、そもそもその前なんじゃないかと。

そういう意味ではめちゃくちゃヒントになりそうです。今更ですが、早速読んでみます(笑)

稀人ハンターの名に相応しい取材集

ウルトラニッチというだけにエッジが効いた人たちの仕事が垣間見えます。著者の川内イオさんは稀人ハンターという名だけあって、そういったニッチ的な生き方、仕事の人を取り上げている人です。面白いですよね。

こちらも既読で、ウルトラニッチ本が面白かったで軽くメモしています。

真似をするとかはないのですが、やはり自分の世界観なり、価値を作っていく姿勢ってめちゃくちゃ面白いですよね!

そんな刺激が欲しい人とかにはぜひおすすめです。ただ、参考にしてどうかとかは考えないほうがいいんじゃないかと同時に思いますよ(笑)

アイデアを出す視点、メソッドを丁寧に学ぶ

編集工学研究所の安藤さんの本が面白いで書いたように既読です。アイデア発想とかはもちろんですが、考え方、思考法というところに興味がある人はかなりお薦めです。

KindleUnlimited対象ですが、Kindle価格も990円とかなりお値打ちで買えます。

示されたメソッドを使いこなすのはまあ一旦おいておいて、僕も使えないですが、やはり連想、バイアスを外すなどの基本的なことは再確認できましたし、それぞれ丁寧に説明しているのがさすがだなと感じました。やっている人でないと説明できない解像度の高さってことですね。

逆にいえば、思考や発想、企画をしてない人にはワークはあるけれど、一個ずつヘビーかもしれないかもです。

プロゲーマーの思考

最近全然見なくなってしまったんですが(笑)ストリートファイターのプロゲーマーであるときどさんの著書です。どちらかといえば、梅原氏の方が著名な印象ですが、比較するのも失礼ですが、ときどもさんも十分面白いです。

ただ、二作目は個人的に微妙だったので、こちらの一作目の方がなんか好きですね。完全に好みですが。

ときどさんが情熱というところに意味がるのは、それまでそういう熱なんてどうでもいいというか、ゲーム攻略も理屈で最適解を立ててパターン分析すればいい。みたいな感じだったからなんですよね。そういう人が情熱というのがとても面白いわけです。

人生色々ですし、面白いですよね!

アイデアマンのアイデアの出し方

博報堂ケトルの嶋さんのアイデア本。他にも色々アイデア本出していた気がしますが、久しぶりに読んでみようかなと。

KindleUnlimitedでも読めますし、Kindle価格550円となっています。

確か嶋さんのアイデアとか考え方としては、すごくマイナーというか雑多なネタを追いかけて使うみたいなのがあった気がします。動物園見続けるも確かそうだったような、間違ってなければ。

個人的には本屋、リアル本屋の面白さについて書かれた本もおすすめです。あと、企画力もかなり昔読み込んで面白かった本でした。

発想の切り口を探しているなら!

不便益の川上さんもめちゃくちゃ面白いです。タイトル長いですが、不便益はなんかいい感じです。自然です。アフォーダンスです。身体性です。

もっと身体を使ってアイデアを出す、気づくみたいなところが好きな人は整理されるかもしれないですね。

KindleUnlimitedでも読めますから久しぶりに読んでみます。Kindle価格で743円で買えます。

ビジネスモデルを学ぶならお薦め

この本はかなり読みやすくとはいえしっかりとビジネス、とくにビジネスモデルについて書かれた本でした。既読です。

ビジネスモデルというと学んだらそれが出せるみたいな感じがしますがそれはないです(笑)ただ、ビジネスって目の前だけ見ても分からないので、仕組みや裏側、どうやって実現するか。そういう一連の流れを把握できるか、または新しそうなものでも実は昔からあるモデルなんてありますし、それに気づけますよね。

そうすると、さらにそこからアイデアを生み出せるし、作り出せると。そういう感じで読むと面白いかと思います。

KindleUnlimitedでも読めますが、Kindle価格で880円です。

やっている仕事に好きを入れる視点

電通Bチームの取り組みで、B面という価値観というか見せ方、考え方が面白かったです。既読です。

本的にはこういう取り組みが出来る組織とかチームとか場ができるとどんどんワクワク出来るかなって感じです。まあとはいえ、自分だけでも出来ると全然面白いので、楽しんでいくコツが学べるかもです。

Kindle価格880円とお値打ちです。

いいかんじのシゴト実践者を知る

切り口がとてもしっくり来る、とはいえMECEとかそういうのでなく、ほどよさというのがテーマです。既読です。面白かったなあと。

色々ないいかんじのシゴトをしている人がいることを知るのに最適かと。

良いお客さんを吟味する

先の甲斐さんの本とも重なりますが、自分、または自分たちの力量やスタイルを踏まえて動いていくと、結局こういった電器屋さんみたいな戦略になるかなと思います。良い悪いとかでなく、どうありたいか。

昔に読んだ記憶がありますが、少しだけブログでも書いていました。有料の案内をすると怒られた話にわかりみが激しい

Kindle価格は112円とかなり安い気がします。紙本で読んだ記憶がしますが、こういう時さくっと買えるKindleは便利ですね。

探していて気づいたこと

  • ざっと見ていた思ったのは、ビジネス・経済カテゴリなのに、柴犬、猫、車の本が出てきてなんともですね。このあたりが出ないともっと探しやすいかもですが(笑)
  • スポンサー本はいいんですけど、そうでなくても同じ本が何度も出てくるのもクリアして欲しいところですよね。
  • そういう意味で、漁る感じのUIUXではないんでしょうね、とふと思いました。まあ、それでも漁っている人はいると思うんですが(笑)
  • 紹介はしてないですが、KindleUnlimited対象で面白そうとか、前読んでまた読もうというものは結構あったのでチェックしてみようと思いました。という意味で全然収穫がありましたよ!
  • 4,190冊をざっと見た感じなんですが、やはり一部の電子書籍はミュートとかフィルターにしたくなりましたね(笑)

という感じです。

デジタル本屋よりもこういうのって、やっぱリアルやアナログ本屋さんのほうが身体を使って疲れない感じですね。ええ、目がとても疲れました(笑)

気になる一冊があれば、やった甲斐があるのでチェックしてみてください!逆におすすめがあればこっそり教えてくださいー。

ライター

シゴトクリエイター 大橋 弘宜
シゴトクリエイター 大橋 弘宜
ビジネスアイデアメディア「シゴクリ」運営者。生まれてくるアイデアをビジネス化出来ないかを考え続け、アイデアの力でお客様に貢献するゼロイチ大好きアイデアマン。ビジネスアイデア相談やビジネス企画の実績多数。好きな言葉は三方良し。詳しい自己紹介仕事実績も合わせてご覧ください。お仕事メニューお問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビジネスアイデア相談

店舗への集客アイデア、Webサービスのアイデア、起業・複業アイデアなどビジネスアイデアに関して幅広くご相談可能です。

「もっとアイデアがほしい」「個別に企画の相談に乗って欲しい」「この施策をどう考えるか」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。