遊び×ビジネスをイメージできる胡散臭くないタイトル案

スポンサーリンク

質問

Q.facebookでシェアしても胡散臭くないキャッチーなタイトルを考えて頂けませんか?

・自由
・パソコン1台
・遊び×ビジネス

の様なイメージです。宜しくお願いします。

回答

A.以下で回答致します。

1)愉快!ノマドライフ
2)ノートPC片手のパラレルワーカー
3)あそビジネスのはじめかた
4)クリエイティブ・ビジネシンク!
5)ひとつ上のハタラキカタ
6)ニュートラル・ギアシフト
7)キープ・フリーing
8)平日は遊んで、週末に仕事する
9)創造的生活
10)ホビネスパーソン

以上10案ですが、いくつかコメントしていきたいと思います。

そもそも胡散臭さとは、その言葉に対してまとわりつく、またはイメージがよくない、怪しさを出しているといえます。言葉自体は複数の組み合わせ、無限といってもいいですよね。

「真面目なビジネスです」という文言を書いた途端「怪しさ」が強調されます。また「誰でも出来る」というのも怪しいです。相当「うぶ」でない限り、人が良くないかぎり、「誰でも出来る」と書いてあることが「誰でも本当にできる」「自分にも出来る」ということはありえません。

よって、胡散臭くない言い回しとは、情報商材等に出てきがちな、成功やお金持ちというワードから出来る限り切り離すこと、煽らないこと、「刺激しないこと」などがグッドだと思います。もちろんこれらを意図的に行う人もいるのでしょうが、ここでは考慮していません。

上の案から、個人的には、
3)あそビジネスのはじめかた
8)平日は遊んで、週末に仕事する
あたりが、好きです。

3)あそビジネスのはじめかた
あそび+ビジネスで、ダジャレ感がありますが、そのまま「著者がそういう概念で生活」するとか、強調したいことを出せます。自由という言葉を入れると、哲学的or胡散臭さが出てしまうので(そもそも自由とはルールがないことではなく自主的な意志で動けることであり、意味が誤解されがちですので)、そして入門や初めて触れる人に著者が解説する、説明をするというイメージのタイトルです。

見る人は「じゃあ自分も遊びとか仕事とか切り離さない感じで出来ないかな」というところです。

8)平日は遊んで、週末に仕事する

叙情的というか、小説のタイトルなどの文学風です。ビジネス感はないですが、いつもの生活を切り取っている形でリアル感を出します。平日とは一般的に月から金曜日の5日間で、週末は土日の2日間です。多くは、平日仕事で週末遊ぶですが、それが逆転することをさらっと述べたところです。

もっとブラッシュアップして、強調してもいいかもしれません。週7でアソブパーソンみたいな感じですね。

以上、1つでも参考になれば幸いです。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。

ビジネスアイデアに悩むあなたに!

本ブログの1年間(2016年4月から2017年3月まで)で人気だったアイデア記事をギュッと10個にまとめました。A4で72ページ(約44000文字,読了目安は110分)。ぜひ新規企画や新規アイデアを考える際につまみながら読んでもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク