セミナー講師向けセミナーのネーミング、付加価値アップアイデア

質問

Q.今、私は、セミナー講師の為に売り上げが上がる見た目のセミナーを開催しています。

セミナーを受けると、講師に必要とされる見た目の作り方が分かります。本講座の前のお試しセミナーです。

こちらのセミナーを受けたくなるようなアイデアが欲しいです。

受けてみたいと思うセミナーネーミングや付加価値サービス、異業種とのコラボとかアイデア浮かびましたら、宜しくお願いします。

回答

A.以下で回答致します。

1)ネーミング

まずネーミングですが、以下の様なものが入っていると受けてみたくなるかもしれません。

  • より売れるためのー

セミナー講師とはいえ、売れてない人だとセミナー講師になりたい人のための、となってしまい何かずれてしまいます。今売れているけどそれ以上に売りたいという人向けのものが大事ですね。

  • あなたのところに望んだお客様がやってくるセルフコーディネートセミナー

コーディネートは、パーツ単位で出します。例えば、服でもトップスかボトムスか、ヘアーか、色なのか、話し方やプレゼンなど色々と見せられるのではないかと思います。

  • お客の心を鷲掴みする

鷲づかみというのはがっちり掴むなどでもいいですが、気になりますよね。

  • 明日から出来る印象美人

明日からできるとなると、アクションが明確で分かりやすいです。持って帰られるものが明確だとセミナーも受講しやすいですね。印象美人でなく、男性なら印象イケメンとか印象美男とか。

  • 損しないー

印象で損をしているという切り口からのセミナーコンテンツが作れます。得するのもいいですが、損しないほうが定番をおさえるとか、そういう切り口で気になります。抑えておきたいというのもありですね。

  • あなたは大丈夫。やってはいけないセミナー講師の印象作法3つのダメケース

やってはいけないというのは、何か気になります。セミナー講師で自ずとやっていそうなことをあげるとより効果的ですね。

2)付加価値、コラボ

こちらはちょっとどちらになるか分かりづらいので、まとめて書いてみました。

  • 業種ごとのサービスで具体的事例

例えば士業向けのセミナー講師であればBeforeAfterを出してこうなったなどの実績を見せる。

  • 話し方セミナー、プレゼンセミナーなど

より伝える話し方とか、プレゼンの見せ方などやられている方とコラボする

  • DJやアナウンサーとのコラボ

上と同じですが、それぞれの職種に応じて違う「見せ方」があるでしょうし、それらは数が多ければネタとなるのでいいと思います。

  • ファシリテーターとのコラボ

例えば場作りなどをプロでやられている方がいます。それらのファシリテーターとコラボすると、「セミナー講師」から、「セミナーファシリテーター」となり、より良い空間を作れそうです。

  • 運気をあげる

仕事運やスピリチュアル系などでしょうか。そういう方とコラボして、見た目と内面も変えていきます。

  • パーソナルブランディング

個人のブランド価値をあげるなどで色々とやられている方もいると思うので、とくに個人事業支援系の方が多いかもしれませんが、そういう方とコラボします。またはそういうサービスを提供します。

  • お掃除セミナー

掃除や整理から気持ちを変えるなど女性向きかもしれませんが、そのようなコラボとなります。見た目を変えていく、気持ちを変えていくなどと相性は悪くなさそうです。

  • デザイナー等とのコラボ

見た目といえばデザインです。ロゴデザイナーやグラフィックデザイナー、フォントデザイナー、Webデザイナー等デザイナーと付く人とコラボします。分かりやすいのはチラシや名刺の作成セミナーです。デザイナーに任せるというのもいいですが、どういう視点でデザイナーが仕事をしているか(余白などの使い方、グループ化やトーン、印象をどう創るか)はリンクしてくると思います。付加価値に近いかもしれません。

  • 社会心理学や印象の心理学など

大学の先生やそれらを専門に勉強された方とコラボすると面白そうです。心理学はなかなか学ぶことがないため、印象形成などとリンクして価値があがりそうです。

3)その他

補足的なことですが、該当するネタもあるかもしれません。

  • より売れるセミナー

例えば、年間セミナー講師実績が60日以上あるとか、講師経験3年以上とか、売上いくらとか、ある程度限定して実績がある人のみに限定したほうが売れそうです。誰でもセミナー講師となると、誰でも受けれるセミナーとなるからです。

実際に売れている人でないと「印象」に対してお金を払わない、当然コンテンツ作成にも価値を見出さないと思います。これらは鶏が先か卵が先かという話になりがちですが、これからセミナー講師になりたい人を支援するビジネス出ないかぎり、ある程度明記したほうがいい気がしました。

  • スポーツ選手などのアスリートのセカンドキャリアコーチング

スポーツ選手はセカンドキャリアということで現役を引退した後、どう仕事をしていくかが課題となっています。これらのコーチングをする人とコラボすると、見た目なども関わってくるかもしれません。

  • 演説等のスピーチライター

話し方として面白そうです。なかなか聴けることがないので聴いてみたいですね。

  • 写真撮影ポートフォリオサービス

例えばセミナー講師でより良く見せる写真撮影付きとかです。
お化粧などのメイクはもちろん、服のレンタルサービスとコラボしても良さそうですね。

またロケーション、スペースによって写真スタジオなどと提携したりもありですね。

  • セルフメンテンナンス

インタビューサービスとして、セミナー講師の強みを引き出すコーチングをして、その取材記事をアップするなどインタビューするライターさんと組み合わせると良さそうです。
そうすれば、自分を他人目線から見た記事になるのでより客観的で印象や見え方も意識出来ます。

4)まとめ

いくつか考えてみましたが、やはり現実的には、ネーミングである程度現実的で面白そうな話題を振り、ある程度体感が出来、そこで面白そうだな、相談してみようと思わせていくことがゴールとなりそうです。

その場合に、印象については色々な人とコラボが出来るため、毎回バラバラのセミナー講師業種でなく限定して絞り込んでいくことで、どこが印象に最も強い関心を寄せるかなどを探るのもいいかもしれません。

一つでも参考になれば幸いです。

以上失礼致します。

ビジネスアイデアに困ったらまずは読むべし

シゴトクリエイターが実際にお答えした101の相談事例アイデアが満載。ビジネスの新規事業、新規企画、販促、集客に大いに活用してください。アイデアのヒントやアイデアのスパイスにぜひ使って下さいね!