名言・格言を見るWebサービスアイデア

シゴトクリエイターの大橋です。

今、こんなWebサービスあったらいいかなというところで、新しいWebサービスを考えています。それらのネタを貯めておいてあとから公開するのもありなんですが、ブログの醍醐味として随時公開というところで、リアルタイムに見て遊んでもらえればいいかなと思いました。

お題としてはセルフお題で、こんなWebサービスあったらいいかなです。

スポンサーリンク

名言、格言を見るサービス

自己啓発として名言や格言を見ればモチベーションが湧くかなと思ったのがきっかけです。

まずは調べる

もちろんググるだけですでにあるかが分かります(笑)

癒しツアー「元気が出る名言・格言」が結構載っています。こういうのは載せるのは当然ですが、どう見せるかもあるなあと思います。

イメージとしては、単純なリスト化、またはカテゴリやテーマ別というのでなく、自分で作れたほうがいいかなというところです。

自分格言というiphoneアプリは面白いです。ただ、シンプルに格言を自分で作って画像化するというツールですね。シンプルですが面白いですね。配信停止となっているのが気になりました。方向性としてはこんな感じがいいですね。

強いて言えば、自分で良いという格言や名言を持っていて、それらを元気がない時とかに参照して奮い立たせるようなものです。

仕事において絞り込んだものとして、まるちょん名言集仕事に関する名言集・格言集では、人物別となっているものもあります。ここまでいくと付け入る隙がありませんね(笑)

最初のアイデアと調べた結果を検討する

実際に調べている時に分かるのですが、単純に格言や名言だけでは太刀打ちできない、そもそも既にあることが分かります。

既にあるということは、選択肢としては2つです。

既にあるけどやるか、既にあるからやらないかです。もちろん、保留したりうだうだ考える(笑)のもありですが、ここでは「格言集」的な方向性は筋が悪いという判断をしました。あなたはどう考えますか?

ピボット(転換)して別の切り口を検討する

以上で終わる場合もありますが、そもそも調べることをしない人が多いので、ぜひ調べる癖をつけるといいと思います。思いつきで終わらないためには、一工夫を入れるというか、一手間入れるだけで全然異なります。

それでピボットということで違う切り口ができないかを考えます。そういえば、名言格言といえば、偉人と話せるようなサービスを作ってた人がいたような。

そうです、これこそが過去のやってきたことや話したこと、調べたことが生きる瞬間です。何もインプットしなかったり考えなければこういうネタがそもそも浮かびません。こればかりは毎日励め(笑)みたいなことにしかなりませんね。

偉人と話せるという視点では、ペリーとLINEというこれはLINEアプリなのか分かりませんが、あるみたいですね。突っ込んでは調べません(笑)

ナポレオン、徳川家康、エジソン――歴史上の偉人がTEDでプレゼンしたら何を話す?は視点が面白いですね。講演会風に話してくれるという書籍ですが、こういう喋り方をAIがしてくれたらちょっといいかも。例えば、格言集に音声付きでナレーターが読み上げるといいかもですが、声優さんとかやる人いないんですかね。

思いついたネタの人工知能的な偉人は探せませんでしたが、確か過去に死んだ人でもそれらの記憶などを解析してあたかも生きているような。。。ちょっと考えると気持ち悪い部分もありますが、一方でそれを良しとするのもあるので、ここらへんはなんともです。そこまではいかないのですが、視点アイデアとしては面白いですね。

どうもアイデアが発展しないかもと思えばやめる

今回はこんなところです。実際に最後の方では面白い方向性にいくかなーとも思いましたが、そこまで名言や格言に心をつぎ込みたくないわけだと気づきました(笑)

多分ですが、自分が良いお客さんである、例えばこの名言格言を見るサービスを結構使っている人であればその良いターゲットとなります。だから色々と見えるのではないかと思います。

例えば気持ちが沈んでいる時に見るとかは実はしてないとか、実は印刷して壁に掲示してるとか、意外に検索で引っかかって見ているとか、毎日カレンダーのように見たりとか(今日は何の日みたいにですね)、そういう気持ちでなければ継続はつらいのでやめたほうがいいと思います。僕はだからやりません。

アイデアをリサイクルできるものは?

これを考えたら全て無駄かというとそうではありません。例えばこういった閲覧系サービスなのか、自分でカスタマイズ出来るマイページ系の機能はいるかどうか、モチベーションという視点は鉄板なのかそれとも一部のライフハッカーだけなのか意識高い人向けでしかないか、技術者向けとするかしないのかなど色々と抽象度を上げたり、具体性をぼかせば色々とヒントになります。

例えば、名言や格言ではないが日々見るものってなんだろうか。カレンダーとか自分で作って名言カレンダー作ればいいかも。でもそれだけでは面白くないからイラストや何か入れれば面白そう。みたいな企画になります。これも既にやられていることかもしれませんが、名言自体の表現やカレンダーの作り方を工夫すれば面白いサービスや企画になるかもしれません。

例えば、カレンダーをアプリやWebと連動させて、記録が出来るようにするとか、それこそ先程のように自分だけの30日日めくりカレンダーを作れるとか(オリジナルチロルチョコとかみたいに)という切り口にも持っていけるわけですね。

リサイクルというのは突然だったかもしれませんが、アイデアの生産工場という僕の考え方では、そのアイデアは何かしらリサイクルできうるというのが前提としてあります。ぜひ骨までしゃぶり尽くしましょう。何事も学びです(笑)

おわりに

アイデア出しとその検討というところはわりと実践的でかつ、こういうところから何か面白いことが生まれることは多いです。だから何やっても無駄とか思ったら駄目ですが、アイデアを出したら調べてみる。そこで出しただけ検討したり考えてみる。筋がいいかどうかは経験もありますが、ぶっちゃけやらないと分かりません。やってみてどうかは、やりたいかどうかのエネルギーチェックでもあります。

僕はそこまで名言や格言に熱はないので、もし名言格言大好きとか、名言いったら「誰の」か分かるとか歩く格言家みたいな人だったら、もっと筋が良い面白いアイデアに出来るはずです。

また僕と同じようにそこまで心惹かれなかった人も、名言的にリスト化したり、場面で対応した言葉とか、カレンダーとかアウトプットを変えたり、上の偉人の講演会風(これは面白そうなので既にブログを書きながら発注しました(笑))にした読み物にしたり、そういうひねり方もできないかで、エネルギーチェックをしたほうがいいと思います。

サービスアイデアの参考になれば幸いです。

ビジネスって面白い、アイデアの価値ってもっとある。そんなことを自分なりに伝えられないかという思いから、シゴトクリエイターをやっています。一緒に楽しいビジネスを生みだしていきましょう。1記事でも何かヒントになれば嬉しいです。

ビジネスアイデアに悩むあなたに!

本ブログの1年間(2016年4月から2017年3月まで)で人気だったアイデア記事をギュッと10個にまとめました。A4で72ページ(約44000文字,読了目安は110分)。ぜひ新規企画や新規アイデアを考える際につまみながら読んでもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク